STAAD.Pro Help

GS. System Requirements

The following hardware requirements are suggested minimums. Systems with increased capacity provide enhanced performance.

プロセッサ 3.0 GHz以上で動作するIntel® PentiumプロセッサまたはAMD®プロセッサ。
メモリ 1GB以上、2GB推奨(STAAD.Pro Advancedには4GBを推奨)。ほとんどの場合、メモリのサイズが大きいほどパフォーマンスは向上します。その効果は、扱うモデルの規模が大きいほど顕著になります。メモリのサイズが4GB(STAAD.Pro Advancedでは8GB)を超えると、多数の荷重ケースがある非常に大規模で複雑なモデルでも、ソリューションの加速が可能です。
ビデオ OpenGLをサポートするグラフィックスカード。グラフィックスドライバの最新情報については、グラフィックスカードの製造元にお問い合わせください。ビデオRAMの推奨サイズは256MB以上です。ビデオRAMの量が不十分である場合や、OpenGLでサポートされるグラフィックスカードが見つからない場合、ソフトウェアエミュレーションの使用が試みられます。最適なパフォーマンスが発揮されるよう、グラフィック表示を色深度24ビット以上に設定することをお勧めします。色深度16ビットの設定では色むらが生じることがあります。
画面解像度 最低でも1280x1024の画面解像度が必要です(それ以上を推奨)。
Note: 4Kディスプレイは現時点ではサポートされていません
ハードディスク インストールするモジュールによって要件は異なります。標準的には500MB以上の空き容量が必要です。
サポートされるオペレーティングシステム
  • Windows 10(64ビット) ‐ Home、Pro、Enterprise、およびEducation
  • Windows 8.1(64ビット) ‐ Standard、Pro、およびEnterprise
Note: 以下のMicrosoft更新プログラムがマシンにインストールされている必要があります。
  • KB4340917 - Windows 10バージョン1803(ビルド10.0.17134.191以前)向け。KB4340917での変更は、Windows 10の2018年8月アップデートに組み込まれています。
  • KB2999226 - Windows 8.1、Windows Server 2008 R2 SP1、およびWindows Server 2012向け
  • KB2999226 - Windows 8.1(64ビット)向け
  • KB2919355 - Windows 8.1およびWindows Server 2012向け
Bentleyは、マイクロソフトによるサポートが終了したMicrosoftオペレーティングシステム上でのソフトウェア動作をサポートしません。マイクロソフトサポートライフサイクルポリシーの詳細については、こちらをクリックしてください。Bentley製品の同様の情報については、Bentley製品サポートの記事をご覧ください。
Note: Microsoftの最新のオペレーティングシステムの更新に対してリリース時にテストが実行されます。

Additional RAM, disk space, and video memory will enhance the performance of STAAD.Pro.

The minimum amount of physical + virtual memory required by the program is over 600MB. You may need to ensure that adequate amounts of virtual memory are available and that parameters such as paging file sizes should be large enough or span over multiple drives if the free space on any one drive runs low.

Another issue to keep in mind is the location of the TEMP parameter as in the SET TEMP environment variable in Windows. While performing calculations, depending on the structure size, the program may create very large scratch files which are placed in the folder location associated with the TEMP parameter. You may want to point the SET TEMP variable to a folder on a drive that has disk space sufficiently large to accommodate the requirements for large size structures.

You should have a basic familiarity with Microsoft® Windows® systems in order to use the software.