MicroStation CONNECT Edition Help

メッシュの投影

メッシュ要素上の開いたプロファイルまたは閉じたプロファイルをトリム、押印、埋め込むために使用されます。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「モデリング」 > 「メッシュ」 > 「メッシュを修正」
  • ツールボックス:メッシュを修正


設定説明
方法 メッシュ要素上にプロファイルを投影する方法を定義します。
  • トリム - メッシュ要素を切り揃えます。
  • 投影 - メッシュ要素上にプロファイルを投影します。投影は別の要素として配置されます。
  • 押印 - 投影をメッシュ要素内に統合します。
方向 投影の方向を設定します。
  • 直交 - 投影は法線から切り取りプロファイルへ行われます。
  • ビュー - 投影は法線からアクティブなビューへ行われます。
  • ベクトル - 投影の方向は、2つの点で決定されます。
許容差 曲線プロファイル要素のファセットを作成する際の許容差を制御します。たとえば、投影するプロファイルとして円を使用する場合、この許容差を使用して円のファセットが最初に作成されます。プロファイルが連続線分または多角形である場合、許容差は影響しません。
プロファイルを残す オンの場合、プロファイル要素は維持されます。
残す (「方法」が「トリム」に設定されている場合のみ)
  • 外部 - 投影された閉じたトリムプロファイルの外部を保持します。プロファイルが閉じていない場合、結果が正しくないことがあります。
  • 内蔵 - 投影された閉じたトリムプロファイルの内部を保持します。プロファイルが閉じていない場合、結果が正しくないことがあります。
  • 両方 - 投影されたトリムプロファイルの両側を保持します。
注記: 作成を承認する前に設定を変更することができます。
キー入力: FACET PROJECT