MicroStation CONNECT Edition Help

点に座標値ラベルを付ける

データ点を入力して、デザイン内の座標値の点にラベルを付けるために使用します。座標値ラベルは、文字ノードとしてデザインに配置されます。補助座標系のロックがオンになっている場合は、このツールはアクティブ補助座標系に基づいて、座標値にラベルを付けます。

このツールは、次のコマンドを使用して利用できます。
  • リボン:「作図」 > 「注釈」 > 「地形モデル」 > 「座標値」分割ボタン
  • ツールボックス:XYZ文字


設定説明
オーダー ラベルを付けた点を表示する順番を定義します。「XYZ」または「YXZ」を選択します。
単位 座標値のフォーマットを定義します。次のオプションがあります。「主位置」、「下位単位」、「作業単位」、および「UOR」。
精度 点の座標値を表示する際の端数表記の単位を指定します。
セパレータ 座標値の区切り文字を定義します。次のオプションがあります。「新規行」、「カンマ」、および「スペース」。
ビュー 座標値を表示するビューの向きを選択できます。(3次元ファイルのみに影響します。)
「X前記号」、「Y前記号」、「Z前記号」 X、Y、Z座標値それぞれに前記号を指定できます。設定値ウィンドウ下部のX、Y、Zステータスフィールドに、現在のポインタ位置のX、Y、Z座標値が動的に表示されます。
キー入力: LABEL POINT
注記: ラベルを付ける要素の数、または要素のサイズに応じて、座標値の文字のポイントサイズを変更することがあります(「文字スタイル」を参照)。