MicroStation CONNECT Edition Help

作業ページ

作業環境とWorkSetを表示および管理するとともに、ファイルを参照して開くために使用します。また、作業ページを使用してCONNECTION Clientからサインインし、WorkSetにプロジェクトを割り当てることもできます。自動的に開くDGNファイルを指定せずにMicroStationを起動すると、最初に作業ページのウィンドウが開きます。作業ページは、ファイルを閉じるときも表示されます(「ファイル」 > 「閉じる」)。

設定説明
最近使ったWorkSet 最近開いたWorkSetを一覧表示します。WorkSetを固定するには、右側の固定アイコンをクリックするか、WorkSetの右クリックメニューの「一覧に固定」を選択します。固定されたWorkSetは、固定解除されたWorkSetとは別に、最上位に表示されます。
ワークセットなし WorkSetのいずれかに属していないファイルを参照したり、開いたり、作成したりできます。「WorkSetなし」モードの場合、すべてパスが_USTN_WORKSETROOTを経由してMy Documentsにリダイレクトされます。
作業環境 このボタンをクリックすると、使用可能な作業環境が一覧表示されたドロップダウンメニューが開きます。

「カスタム構成」セクションとその中の作業環境は、製品のインストール時に「カスタム構成」を選択した場合にのみ表示されます。

アクティブな作業環境の名前の前にはアスタリスク(*)が付けられます。

ドロップダウンの一番下にある「作業環境を作成」ボタンをクリックすると、「作業環境を作成」ダイアログボックスが開き、新しい作業環境を作成することができます。

「構成の移行」を選択すると、構成の移行ウィザードが開きます。このウィザードを使用して、従来の作業環境をCONNECT Editionの構成に移行することができます。

ワークセット (作業環境が選択されている場合にのみ使用可能)このボタンをクリックすると、使用可能なWorkSetが一覧表示されたドロップダウンメニューが開きます。

ドロップダウンの一番下にある「ワークセットを作成」ボタンをクリックすると、「ワークセットを作成」ダイアログボックスが開き、新しいWorkSetを作成することができます。

最新のファイル 選択したWorkSetで最近開いたDGNファイルを10個まで一覧表示します。ファイルを固定するには、右側の固定アイコンをクリックするか、ファイルの右クリックメニューの「一覧に固定」を選択します。固定されたファイルは、固定解除されたファイルとは別に、最上位に表示されます。
注記: 作業ページに表示されているファイル一覧のサムネイルプレビューを無効にして、ファイルをよりすばやく開けるようになりました。この操作を行うには、「選択事項」ダイアログボックスの「ルックアンドフィール」カテゴリにある「サムネイルビューを非表示」チェックボックスをオンにします(「設定」 > 「ユーザー」 > 「選択事項」 > 「選択事項」ダイアログボックス > 「ルックアンドフィール」カテゴリ)。既定の設定値はオフです。
参照 「ファイルを開く」ダイアログボックスが開き、ここでファイルを開くことができます。
新しいファイル 「新規」ダイアログボックスが開き、ここで新しいファイルを作成することができます。
サインイン CONNECTION Clientを起動した場合のみ使用可能)「サインイン」ウィンドウが開き、ここでBentleyクラウドサービスにサインインすることができます。サインインした後、グリフをクリックすると、サインイン資格証明と個人用ポータルへのリンクが表示されます。
詳細を表示 ファイルのパス、修正された日付、サイズなどの詳細を示す最新ファイルを一覧表示します。
サムネイルを表示 最新のファイルのサムネイルプレビューを表示します。
プロパティ 選択したWorkSetのプロパティを表示します。「プロパティ」リスト内の「プロジェクトポータル」リンクをクリックすると、既定のブラウザでプロジェクトポータルが開きます。

「プロパティ」ボタンをクリックして「詳細プロパティ」を選択すると、「ワークセットを編集」ダイアログボックスが開きます。

すべてのプロパティを表示 「プロパティ」セクションを展開し、選択したWorkSetのすべてのプロパティを表示します。
WorkSetのポップアップメニュー 「最近使ったWorkSet」リスト内のWorkSetを右クリックすると、次のオプションが表示されます。
  • 「一覧に固定」/「一覧から固定解除」 - WorkSetを固定解除します。
  • 一覧から削除 - 「最近使ったWorkSet」リストからWorkSetを削除します。
  • エクスプローラでフォルダを開く - WindowsエクスプローラでWorkSetの位置を開きます。
  • ワークセットを編集 - 「ワークセットを編集」ダイアログボックスを開き、WorkSetを変更することができます。
「最新のファイル」リスト内のファイルのポップアップメニュー 「最新のファイル」リスト内のファイルを右クリックすると、次のオプションが表示されます。
  • 開く - ファイルを開きます。
  • 読み取り専用として開く - ファイルを読み取り専用モードで開きます。
  • 一覧に固定/一覧から固定解除 - ファイルを固定または固定解除します。
  • 一覧から削除 - 「最近使ったファイル」リストからファイルを削除します。
  • エクスプローラでフォルダを開く - Windowsエクスプローラでファイルの位置を開きます。
  • プレビュー - プレビューウィンドウが開き、選択したファイルのプレビューが表示されます。プレビューウィンドウでは、ファイル内の異なるモデルをプレビューしたり、最新のファイルリスト内の前と次のファイルに移動したり、ファイルを開くこともできます。
  • オプション - (DGNファイルの場合は使用不可)ファイルタイプに関連するオプションダイアログボックスが開きます。たとえば、DWGファイルを右クリックし、「オプション」を選択すると、「DWGオープンオプション」ダイアログボックスが開きます。