MicroStation CONNECT Edition Help

「テキストエディタ」ウィンドウ

モデル内のテキストの作成および修正に使用します。

「テキストエディタ」ウィンドウは、次の場合に開きます。

  • 次のツールのいずれかを起動します。リボン:「作図」 > 「ホーム」 > 「配置」 > 「文字を配置」
    • 文字を配置
    • 文字を沿って配置
    • 「注記を配置」
  • 「文字を編集」ツールを起動し、文字要素を指定します
  • 文字要素を選択し、「文字を編集」ツールを選択します
  • 「要素の選択」ツールを選択し、文字要素をダブルクリックします


設定説明
テキストエディタのアイコンバー エディタでテキストの書式設定を修正するためのコントロールが含まれています。
タブルーラー テキスト内のタブ位置を定義し、タブ、最初の行のインデント、段落のインデントを使用してテキストを配置できますタブルーラーを右クリックして「インデントとタブの設定値」を選択すると、「インデントとタブの設定値を編集」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスを使用して、タブ間隔、1行目、段落のインデントの値を設定します。
編集ボックス テキスト編集を行うボックスです。

編集操作を元に戻すには、<Ctrl+Z>を押します。

ポップアップメニュー 右クリックすると開くポップアップメニューには、テキストのコピー、移動、削除、および選択と、プロパティに基づくフィールドの挿入を行うための項目が含まれています。
アイテム ショートカット 操作
切り取り <Ctrl+X> 選択したテキストを切り取ります。
コピー <Ctrl+C> 選択したテキストをコピーします。
貼り付け <Ctrl+V> クリップボードにあるテキストをエディタの挿入点に貼り付けます。
フォーマットなしで貼り付け   クリップボードにあるテキストの書式設定を削除し、エディタの挿入点に貼り付けます。
分数上下を挿入   「分数上下を挿入」ダイアログボックスを開き、分数を挿入することができます。
分数上下を作成   「分数上下を挿入」ダイアログボックスを開き、選択した分数を分数上下に変換することができます。
分数上下を編集   「分数上下を編集」ダイアログボックスを開き、選択した分数上下を変更することができます。
文字入力フィールドを挿入   配置モードまたは編集モードで文字入力フィールドを作成するための「文字入力フィールドを編集」ダイアログボックスが開きます。
フィールドを挿入   選択したフィールドを編集するための「フィールドのタイプ」ダイアログボックスが開きます。
フィールドを再割り当て   (要素のプロパティを右クリックする場合にのみ使用可能)フィールドを別の対象要素に再割り当てできます。
TEXTEDITOR REASSIGNFIELD
お気に入り文字を保存   選択した文字をお気に入り文字として保存します。
大文字/小文字を変更  
  • すべて大文字 - 文字をすべて大文字に変換します。
  • すべて小文字 - 文字をすべて小文字に変換します。
  • タイトル - 各単語の最初の文字をすべて大文字に変換します。
  • 先頭のみ大文字 - 「テキストエディタ」ウィンドウ内のテキストの最初の文字のみを大文字に変換します。
スペルチェック   「スペルをチェック」ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスは、エディタ内の文字のスペルチェックを行うために使用します。
スタイルに戻す   文字スタイルの上書きデータ(複数可)を削除して、そのスタイルを以前に保存しておいたバージョンにリセットします。
入力方向   スクロールバーと挿入カーソルの向きと位置を変更します。主にエディタとの相互作用に影響し、配置した文字には直接影響しません。オプションには、「左から右」「右から左」、および「垂直」があります。

「左から右」「右から左」 - エディタでは入力言語に基づいて双方向テキスト表示できますが、これらのどちらのモードでも、右から左に読む言語のユーザーの場合、「右から左」モードで編集する方がより自然です。なぜなら、スクロールバーは左側にある方がより自然で、挿入カーソルが画面の右端に位置合わせされているからです。

垂直 - 縦書き文字(たとえば、中国語の一部、日本語、韓国語文字)と同様の効果があります。主要スクロールバーは一番下に配置されており、挿入カーソルは横向きです。

表示オプション  
  • ホワイトスペース - 書式設定記号を表示します。
  • ルーラーを表示します。
エディタの選択事項   「選択事項」ダイアログボックスが開きます。