MicroStation CONNECT Edition Help

「WMSマップエディタ」ダイアログボックス

新規WMSマップ定義を作成するために使用します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • 「ラスターマネージャ」ダイアログボックス:「新規」 > 「WMS」


設定説明
新規 新規マップ定義ファイルを作成するために使用します。
開く 既存のマップ定義ファイルを開くために使用します。ラスターファイルを開くダイアログボックスが表示され、ディスク上のXWMSファイルを選択できます。
保存 既存のXWMSを編集している場合は、ファイルが更新されます。新規のXWMSを作成している場合は、ラスターファイルを保存するダイアログボックスが開き、XWMSファイルの名前と保存先を選択することができます。
名前を付けて保存 ラスターファイルを保存するダイアログボックスが開き、新規XWMSファイルの名前と保存先を選択することができます。
(選択)サーバー 「サーバーマネージャ」ダイアログボックスが開き、WMSサーバーを選択できます。既知のWMSサーバーのURLを入力または貼り付けるか、サーバーリストからサーバーを選択します。

「サーバーマネージャ」ダイアログボックスでは、サーバーをお気に入りとしてマーク付けすることができます。「マップエディタ」ダイアログボックスのサーバーコンボボックスのドロップダウンリストには、その他のサーバーの前にお気に入りのサーバーが表示されます。

サーバーが変更されている場合は、すべてのフィールドは空です。保存する前に新しいサーバーを入力すると、警告メッセージが表示されます。

使用可能な画層 WMSサーバーを選択すると、"使用可能な画層"リストにサーバーで使用可能な画層が自動的に挿入されます。
マップに追加 選択した画層をマップに追加するために使用します。また、「使用可能な画層」で画層をダブルクリックしても、画層をマップに追加することができます。
マップ画層 「マップ画層」セクションには、現在選択されている画層の情報が表示されます。
「設定値」タブ 「設定値」タブには、「サーバー」、「マップ定義」、「選択された画層」の設定が表示されます。
「プレビュー」タブ 「プレビュー」タブには、マップのプレビューが表示されます。
保存 既存のXWMSを編集している場合は、ファイルが更新されます。新規のXWMSを作成している場合は、ラスターファイルを保存するダイアログボックスが開き、XWMSファイルの名前と保存先を選択することができます。
保存とアタッチ ラスターファイルを保存するダイアログボックスが開き、新規XWMSファイルの名前と保存先を選択して、現在のDGNにアタッチすることができます。
RASTER NEW WMS
RASTER EDIT WMS
RASTER ATTACH WMS