MicroStation CONNECT Edition Help

ファセットスムーズ

個別の多角形のレンダリングされた品質を向上させるために使用します。品質を改善するために、多角形の法線を計算するときに隣接する多角形の法線を平均化することで、粗い外観を柔らかくします。ファセットスムーズが推奨される用途に、デジタル地形モデルがあります。デジタル地形モデルでは通常、ファイルの変換結果として近似的な表面が作成されます。

新しい法線は属性結合データとして選択した多角形に書き込まれます。多角形自体は修正されません。

このツールには、次からアクセスすることができます。



  • リボン:「モデリング」 > 「メッシュ」 > 「メッシュユーティリティ」
  • ツールボックス:ビジュアリゼーション


設定説明
モード 実行する操作を設定します。
  • アタッチ - スムーズ処理に含める多角形を選択します。
  • デタッチ - 選択した多角形をスムーズ処理から削除します。
角度許容差 スムージングされる面の間の最大角度を設定します。2つの隣接する形状間の角度が「角度許容差」値よりも大きい場合、エッジがスムージングされます(通常のモデルには鋭いエッジ[スムージングしないエッジ]と、スムージングするエッジの両方がある複数の面で構成されるため、「角度許容差」設定は役立ちます)。
注記: 「ファセットスムーズ」ツールを使用しても、ワイヤフレーム多角形の外観は変化しません。レンダリング処理時にのみ、スムージングの効果がわかります。


多角形のメッシュがはっきりと見えるデジタル地形モデルのレンダリング画像



ファセットスムーズを適用した後の同じデジタル地形モデル。多角形のメッシュはレンダリング処理時にスムージングされました。

キー入力: RENDER SHAPE ICON
注記: ファセットスムーズを削除するには、下記のキー入力コマンドを使用します。
キー入力: RENDER SHAPE CLEAR