MicroStation CONNECT Edition Help

RPCセルを配置

ArchVision RPCセルをモデルに配置するときに使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「ビジュアリゼーション」 > 「ホーム」 > 「ユーティリティ」
  • ツールボックス:RPCツール


設定説明
ディレクトリ RFCファイルを検索するディレクトリを選択できるコンボボックス。検索パスのディレクトリが表示されます。検索パスは構成変数MS_PATTERN、MS_BUMP、MS_IMAGE、MS_DEFで定義されます。ディレクトリの内容が変わるたびにスキャンがやり直されます。
参照(アイコン)


「RPC ディレクトリを選択」ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、RPCセルの新しい検索ディレクトリを選択します。
ディレクトリをリフレッシュ(アイコン)


コンボボックスのリストに最新のRFCファイルが表示されない場合に使用します。そのディレクトリにあるRPCセルが再スキャンされます。「リセット」を選択すると、スキャン処理が中断されます。
RPCサムネイルブラウザ(アイコン)


ArchVisionのRPCサムネイルブラウザを開きます。このブラウザではプロジェクトまたはカテゴリによってRPCセルのサムネイルを参照できます。

RPCコンテンツが新しい場合、ArchVision Content ManagerとArchVisionのライセンスが必要です。「RPCサムネイルブラウザ」ダイアログボックスの「Configure Content」を選択すると表示される「RPC Content Configuration」ダイアログボックスから、ArchVision Content Managerに接続できます。ArchVision Content ManagerとRFCコンテンツのライセンスの詳細については、ArchVisionにお問い合わせください(www.archvision.com)。

必要に応じて、構成変数MS_DISABLE_RPCBROWSERの値を「1」に設定することで、サムネイルブラウザを無効にすることができます。サムネイルブラウザを改めて有効にするには、構成変数を「0」(ゼロ)に設定するか空にします。

カテゴリ 指定したディレクトリ内にあるRPCカテゴリを選択できるコンボボックス。
名前 指定したディレクトリ/カテゴリからRPCセル名を選択できるコンボボックス。
ランダムに回転 有効にすると、各RPCセルはランダムに選択された向きに配置されます。この場合、追加のデータ点は対象の点を定義する必要があります。

有効なときにリセットすると、次のランダムな回転が表示されます。

無効にして「サイズの変差」をゼロに設定する場合について説明します。

  • データ点を配置する前にリセットを入力すると、ツールが終了します。
  • データ点の配置後にリセットを入力すると、データ点の配置のみがキャンセルされます。
高さ RPCセルの高さを主単位で設定できる入力フィールド。「高さ」設定を修正すると、それに合わせて「尺度」値も調整されます。
尺度 RPCセルの「尺度」(パーセント)を設定できる入力フィールド。「尺度」設定を修正すると、それに合わせて「高さ」の値も調整されます。
サイズの変差 RPCセルを配置するときに、目的のサイズの変差を設定できる入力フィールド。「サイズの変差」値にゼロ以外の値が設定されている場合、配置される各RPCセルのサイズは、指定したパーセントでランダムに変化します。たとえば、「高さ」に10.0を設定し、「サイズの変差」に20%を設定した場合、RPCセルは、8.0~12.0の間にあるランダムな高さで配置されます。

ゼロ以外の値を定義する場合、リセットすると次のサイズの変差が表示されます。

ゼロに設定し、「ランダムに回転」を無効にしている場合について説明します。

  • データ点を配置する前にリセットを入力すると、ツールが終了します。
  • データ点の配置後にリセットを入力すると、データ点の配置のみがキャンセルされます。
RPCプロパティを表示/非表示(アイコン) 選択したRPCセルのプロパティを表示/非表示するときに使用します。
キー入力: RPC PLACE