MicroStation CONNECT Edition Help

RPCセルを編集

モデルに含まれるArchVision RPCセルのパラメータを編集したり、セルを置換するために使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「ビジュアリゼーション」 > 「ホーム」 > 「ユーティリティ」 > 「RPCを配置」分割ボタン
  • ツールボックス:RPCツール


設定説明
ディレクトリ RFCファイルを検索するディレクトリを選択できるコンボボックス。検索パスのディレクトリが表示されます。検索パスは構成変数MS_PATTERN、MS_BUMP、MS_IMAGE、MS_DEFで定義されます。
参照(アイコン)


「RPC ディレクトリを選択」ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、RPCセルの新しい検索ディレクトリを選択します。
リフレッシュ(アイコン)


コンボボックスのリストに最新のRFCファイルが表示されない場合に使用します。そのディレクトリにあるRPCセルが再スキャンされます。「リセット」を選択すると、スキャン処理が中断されます。
RPCサムネイルブラウザ(アイコン)


ArchVisionのRPCサムネイルブラウザを開きます。このブラウザではプロジェクトまたはカテゴリによってRPCセルのサムネイルを参照できます。
カテゴリ 指定したディレクトリ内にある別のRPCカテゴリを選択できるコンボボックス。
名前 指定したディレクトリまたはカテゴリ内にある別のRPCを選択できるコンボボックス。
高さ 選択したRPCセルの高さを主単位で編集できる入力フィールド。「高さ」設定を修正すると、それに合わせて「尺度」値も調整されます。
尺度 選択したRPCセルの「尺度」(パーセント)を編集できる入力フィールド。「尺度」設定を修正すると、それに合わせて「高さ」の値も調整されます。
RPCプロパティを表示/非表示(アイコン) 選択したRPCセルのプロパティを表示/非表示するときに使用します。
キー入力: RPC EDIT