MicroStation CONNECT Edition Help

「ビューグループ」ウィンドウ

ビューグループおよびビューウィンドウを操作したり、現在のデザインセッションのある時点でアクティブになったモデル間を移動するために使用します。



ビューグループとは、8つのビューウィンドウの名前付き集合です。ビューグループを使用すると、開くビューウィンドウの数、ウィンドウのサイズ、ビューの方向などのデスクトップ表示に関する選択事項を設定できます。通常、各ビューグループはモデルに関連付けられています。これにより、「ビューグループ」ドロップダウンメニューを使用して、簡単にアクティブなDGNファイルでさまざまなモデルを参照したり、モデル間を移動したりすることができます。

マルチモデルビューグループを作成して、同じビューグループに異なるモデルを関連付けることもできます。マルチモデルビューグループにより、異なるビューの同じDGNファイルから複数のモデルまたは保存ビューを表示することができます。1~8の異なるモデルを表示するビューグループを作成できます。

デザインセッション中に複数のDGNファイルのモデルをアクティブにした場合は、「ビューグループ」ウィンドウを使用して、複数のファイルに渡る現在のセッションのモデル履歴を簡単に移動することもできます。つまり、モデルが含まれるファイルに関係なく、アクティブにしたことのあるモデル間を切り替えることができます。

モデル間を移動するときは、キーの組み合わせを使用して、モデルを開く方法を制御します。これは、左右の矢印を使用する場合とドロップダウンリストからモデルを選択する場合のどちらにも適用されます。つまり、<Shift>キーまたは<Alt>キーを押しながらモデルを選択すると、そのモデルのビューの構成に影響します。前のモデル、次のモデル、または選択したモデルは次のように開きます。

  • キーの組み合わせなし - 選択したモデルが現在のセッションで最後に開いたときと同じビューで開きます。
  • <Shift>キー - 選択したモデルが、最後に「ファイル」>「設定値を保存」の順に選択したときと同じビューで開きます。
  • <Alt>キー - 選択したモデルが現在のモデルと同じビューで開きます。
注記: 既定では、このウィンドウのすべてのアイコンがつねに表示されるわけではありません。すべてのアイコンを表示するには、このウィンドウを右クリックして、メニューから「すべてを表示」を選択します。
注記: 既定では、このウィンドウは画面の左下でステータスバーの上に収納されます。
キー入力: DIALOG TOOLBOX VIEWGROUPS
設定説明
前のモデル


左矢印をクリックすると、セッション履歴中の前のモデルにアクセスできます。または、下矢印をクリックして、ドロップダウンリストから前にアクセスしたモデルを選択することもできます。
次のモデル


右矢印をクリックすると、セッション履歴中の次のモデルにアクセスできます。または、下矢印をクリックして、ドロップダウンリストから次のモデルを選択することもできます。
すべてのモデルが参照されました


下矢印をクリックすると、アクセスしたすべてのモデルがドロップダウンリストに表示されます。ここから開くモデルを選択できます。
ビューグループ ビューグループの名前とそれに関連付けられているモデルが表示され、別のビューグループを選択することができます。
ビューグループを管理


「ビューグループを管理」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスは、ビューグループを作成、編集、および削除するために使用します。
ビューのオン/オフ 番号の付いたボタンをクリックして、それぞれのビューウィンドウを開いたり閉じたりすることができます(「ビューグループ」リボングループで番号の付いたアイテムを選択することと同じです)。
注記: アプリケーションウィンドウ内のビューウィンドウの配置をカスタマイズすることができます。