MicroStation CONNECT Edition Help

ビューを回転

ビューを回転するのに使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「作図」 > 「ビュー」 > 「ツール」
  • リボン:「モデリング」 > 「ビュー」 > 「ツール」
  • リボン:「ビジュアリゼーション」 > 「ビュー」 > 「ツール」
  • リボン:「管理」 > 「ビュー」 > 「ツール」
  • ビュー制御バー
  • ツールボックス:ビュー制御
  • 既定のボタン割り当て:<Shift>キー+XButton1または<Alt>キー+XButton1

(3次元のみ)ドロップダウンメニューでは、標準の回転を選択したり、「ビューの回転」ツールボックスを開くことができます。



「動的」方法と「立方体」オプションが選択された状態の「ビューを回転」ダイアログボックス



「動的」方法と「球」オプションが選択された状態の「ビューを回転」ダイアログボックス

設定説明
方法 ビューの回転方法を設定します。
  • 動的 - 定義した点(既定はアクティブな奥行きにおけるビューの中心)を中心に対話的にビューを回転させることができます。ビューを回転させると要素が回転して、回転の結果が表示されます。

    「動的」を選択すると、アクティブなビューの中心に回転の中心を定義するためのプラス記号(+)が表示されます。回転を開始する前に、プラス記号をクリックして移動すると、回転の中心を再定義できます。

  • 2点 - (2次元のみ)2点を配置してビューのX軸を定義して、ビューを回転させることができます。
  • 3点 - (3次元のみ)3点を配置してビューのX軸およびY軸を定義して、ビューを回転させることができます。
  • 回転前の状態 - (2次元のみ)ビューを回転前の状態に戻すことができます。
  • 上/正面/右/アイソメ/下/後面/左/右アイソメ - (3次元のみ)ビューを標準のビューの向きのいずれかに設定できます。
拡張設定値を表示/非表示 (3次元で「方法」を「動的」に設定した場合のみ)拡張設定値を表示または非表示にします。
  • 立方体


    ビューを次のように回転させます。

    • ポインタを上下に動かすと、ビューはX軸を中心に回転します。
    • ポインタを左右に動かすと、ビューはY軸またはモデルのZ軸(「ワールドの上を維持」設定値に依存)を中心に回転します。

    このオプションを選択した場合は、回転の中心を表すプラス記号(+)がビューの中心に表示されます。この十字をポインタで選択して移動すると、回転の中心を配置し直すことができます。ビューを回転している間、プラス記号は小さなサイズで表示されます。

    特定の平面でビューを回転するには、アキュドローを有効にし、<O>キーを押します。 アキュドロー平面を変更 すると、回転の平面を変更できます。



  • 球の中心を基準にしてビューを回転させます。球と関連グラフィックが動的に表示されます。これらを補助にして回転を定義できます。

    スライドの設定値を使用して、球のサイズと透過性を設定できます。

    このオプションを選択した場合は、回転の中心を表すプラス記号(+)がビューの中心に表示されます。この十字をポインタで選択して移動すると、回転の中心を配置し直すことができます。ビューを回転している間、プラス記号は小さなサイズで表示されます。

    ビュー内でパンニングするには、カーソルが球の外側にある状態でクリックおよびドラッグします。

    ビューを回転するには、球の内側の回転の始点を定義し、マウスを目的の方向にドラッグします。この始点と球内に置かれたマウスの位置の間に赤い矢印が表示され、回転の方向が示されます。

    特定の平面でビューを回転するには、アキュドローを有効にし、<O>キーを押します。アキュドロー平面が、球の内側に赤い円として表示されます。 アキュドロー平面を変更 すると、回転の平面を変更できます。

  • ワールドの上を維持 - (「立方体」を選択した場合のみ)オンの場合、ポインタを左右に動かすと、ビューはモデルのZ軸を中心に回転します。

    オフの場合、ポインタを左右に動かすと、ビューはY軸を中心に回転します。

  • 小/大(スライドコントロール) - (「球」を選択した場合のみ)ビューに表示される球グラフィックのサイズを制御できます。
  • 不透明/クリア - (「球」を選択した場合のみ)回転支援用の球グラフィックの透過性を定義できます。
キー入力: ROTATE VIEW EXTENDED
注記: アクティブなモデルが3次元の場合、「ビューを回転」の動作は異なります。