MicroStation CONNECT Edition Help

フライ

3次元モデルを対話的に"フライ"するために使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「作図」 > 「ビュー」 > 「ツール」 > 「続き」分割ボタン
  • リボン:「モデリング」 > 「ビュー」 > 「ツール」 > 「続き」分割ボタン
  • リボン:「ビジュアリゼーション」 > 「ビュー」 > 「ツール」 > 「続き」分割ボタン
  • リボン:「管理」 > 「ビュー」 > 「ツール」 > 「続き」分割ボタン
  • ビュー制御バー
  • ツールボックス:ビュー制御

移動は、マウス(キーボードモディファイアと組み合わせて)またはキーボードを使って行います。移動中のビューの視円錐は、他の開いているビューのすべてに表示されます。視円錐には、ビュー内のカメラの位置と向きが示され、移動操作が支援されます。

切り取り領域およびビュー切り取り平面は、モデル内を"フライ"するときに使用するビューの表示に影響する場合があります。フライに使用しているビュー内に切り取り領域がある場合、表示されるのは切り取り領域内の要素のみです。切り取り平面がビュー内でアクティブな場合、要素が切り取り平面の範囲外にあると、要素全体または要素の一部は消えます。選択したビューの「切り取り領域」、「前切り取り」、「後切り取り」をオフにすると、切り取り領域および切り取り平面を無効にすることができます。これらの設定値は、「ビュー属性」ダイアログボックスにあります。

マウスを使用してフライする場合は、次のどちらかの方法を使用します。

  • クリックアンドドラッグ - マウスのボタンをクリックして押しながら移動します。ボタンを放すと、操作が終了します。
  • ワンクリック操作 - ビュー内をクリックして移動を開始します。必要に応じて(ボタンを押したままにせずに)マウスを移動し、もう一度クリックして操作を終了します。

「フライ」をクリックすると、原点がビューの中心に設定されます。

一旦移動を開始すると、カメラは自動的にその視線にそって前方に移動します。

マウスを使用してフライする場合は、次の割り当てが使用できます。

キー マウスの移動 ビューカメラへの効果
  前方 上方向に回転します。
後方 下方向に回転します。
左へ 左方向に回転します。
右へ 右方向に回転します。
シフト 前方 (カメラのZ軸に沿って)上方向に移動します。
後方 (カメラのZ軸に沿って)下方向に移動します。
左へ 左方向に移動します。
右へ 右方向に移動します。
<+>/<-> 移動速度を調整します。
<?> マウスまたはキーボードのヘルプの概要を表示します。

マウスの移動速度は、次のキー入力で調整できます。

  • 既定の動き(前後) - NAVIGATE FLY MOUSESPEED < value >
  • <Shift>/<Ctrl>の動き(上/下/左/右) - NAVIGATE VIEW MOUSESPEED < value >

は、モデルの単位に応じてMPH(フィート法)またはKPH(メートル法)と解釈される数値です。値を入力しないと、既定値の4MPHが使用されます。

キーボードを使用してフライする場合は、次の割り当てが使用できます。

キー ビューカメラへの効果
  上矢印、<W>、または<I> カメラの被写体に向かって前方に移動します。
下矢印、<S>、または<K> カメラの被写体から離れて後方に移動します。
左矢印、<A>、または<J> 左方向に回転します。
右矢印、<D>、または<L> 右方向に回転します。
<Shift>+ 上矢印、<W>、または<I> (カメラのZ軸に沿って)上方向に移動します。
下矢印、<S> (カメラのZ軸に沿って)下方向に移動します。
左矢印、<A>、または<J> 左方向に移動します。
右矢印、<D>、または<L> 右方向に移動します。
<Ctrl>+ 上矢印、<W>、または<I> 上方向に回転します。
下矢印、<S>、または<K> 下方向に回転します。
<Page Up>または<Page Down> (デザインのZ軸に沿って)上方向または下方向に移動します。
<+>/<-> 移動速度を調整します。
<?> マウスまたはキーボードのヘルプの概要を表示します。

キーボードの速度は、次のキー入力で調整できます。

  • 既定の動き(前後) - NAVIGATE FLY KEYBOARDSPEED < value >
  • 既定の動き(上/下/左/右) - NAVIGATE VIEW KEYBOARDSPEED < value >

は、モデルの単位に応じてMPH(フィート法)またはKPH(メートル法)と解釈される数値です。値を入力しないと、既定値の4MPHが使用されます。



設定説明
要素を選択してカメラのモーションアイコンをロック


ビュー内をフライするときに、カメラパスをロックする要素を選択できます。パスを選択すると、パス要素に沿うようにカメラが要素上に配置され方位設定されます。
カメラの衝突を回避 オンの場合、カメラは移動方向での要素との衝突を検出し、移動を停止します。
飛行速度 歩行速度を0~100マイル/キロメートル/時に設定します。
パスのオフセットを使用 オンになっている場合は、カメラパスのX軸とY軸のオフセット値を設定できます。