MicroStation CONNECT Edition Help

「結合を検証」ダイアログボックス

データベースの対応する行への結合を含む要素をチェックするために使用されます。対応する行を持たない結合は「独立結合」といいます。

このダイアログボックスは次の場所から開くことができます。

  • リボン:「作図」 > 「アタッチ」 > 「データベース」 > 「結合検証ツールを開く」
  • ツールボックス:データベース
  • 「アプリケーション」ダイアログボックス:「使用可能なアプリケーション」リストボックスで「DBCHECK」を選択し、「ロード」ボタンをクリックします。

このダイアログボックスには、2つの主要な表示領域があります。一方の領域には、デザインファイルで見つかったすべての結合タイプが表示されます。この領域で、操作する結合タイプを選択できます。もう一方の領域には、各結合に関する情報が表示されます。

結合データベースのタイプ、エンティティ番号、MSLINK、および要素のレベルはデータベースに接続することなくすべて変更することができます。独立結合を検証するには、データベース接続が必要です。

このダイアログボックスで、複数の結合またはデザインファイル全体を処理することができます。デザインファイルに変更が書き込まれるたびに、動的に情報が更新されます。

最高で499999件のレコードをロードできます。



キー入力: MDL LOAD DBCHECK
設定説明
「ビューを指定」>「ビュー1」~「ビュー8」 「指定」アイコンを使用したときに要素が配置されるビュー。
「ビューを指定」>「設定値ダイアログ」 要素を配置するビューを選択するために使用する「設定値ダイアログ」を開きます。
データベースタイプ 左画面内のデザインファイルの表示にあるすべての結合タイプ。操作する結合タイプを選択できます。
要素ID 結合された要素の識別番号。
データベースタイプ 右画面の要素表示に追加されたデータベース結合のタイプ。
エンティティ 結合された要素のエンティティ番号を表示します。
MSLink 結合された要素のMSLink番号を表示します。
画層 結合された要素が存在する画層を表示します。
リンクタイプ 結合がどのように配置されたかを表示します。結合は、新規/複製または情報として配置することができます。
DASタイプ 結合に関連付けたれた表示可能な属性値。
独立 結合がデータベースに関連付けられた行を持つ場合に表示されます。独立結合の検証を行うには、データベースに接続する必要があります。
独立を検証 独立結合を検証するには、アクティブなデータベース接続が必要です。データベース接続が存在する場合は、複数の行を選択して独立結合を個別に処理するか、結合の初期検証プロセスの間に処理することができます。たとえば、「独立を検証」切り替えが設定されている場合、「'枠、選択セット、または要素ごとに結合を表示」ボタンを押して、結合を検証します。
DBCHECK TOGGLE VERIFY ON
DBCHECK TOGGLE VERIFY OFF
リンクタイプ 結合が配置される場所を決定します。結合は、新規/複製または情報として配置することができます。
DBCHECK TOGGLE LINKTYPE ON
DBCHECK TOGGLE LINKTYPE OFF
画層 特定の結合を持つ要素を別の画層に移動するために使用します。データベースの行に関連付けられていない要素を削除したり、オフにしたりするときに便利です。
DBCHECK TOGGLE LEVEL ON
DBCHECK TOGGLE LEVEL OFF
タイプ 選択した結合のデータベースの種類を変更するために使用します。このダイアログは、処理された結合についての情報をすぐにフィードバックします。DBCHECKは、MicroStationがサポートするまたはサポートしていたすべてのデータベース結合を検証できますが、結合の更新には、ODBC、ORACLE、およびOLEDBだけを利用できます。
DBCHECK TOGGLE DBTYPE ON
DBCHECK TOGGLE DBTYPE OFF
エンティティ 結合のエンティティ番号を変更するために使用します。エンティティ番号の範囲は、1~65535です。
DBCHECK TOGGLE ENTITY ON
DBCHECK TOGGLE ENTITY OFF
MSLink 結合のMSLink番号を変更するために使用します。MSLink番号の範囲は、1~65535です。
DBCHECK TOGGLE MSLINK ON
DBCHECK TOGGLE MSLINK OFF

dbcheck select all, dbcheck select none、およびdbcheck select invertは、右クリックメニューに表示されます。

dbcheck select allは、ダイアログボックスの結合リストにあるすべての行を選択するために使用します。

dbcheck select noneは、ダイアログボックスの結合リストにあるすべての行の選択を解除するために使用します。

dbcheck select invertlは、ダイアログボックスの結合リストにあるすべての行を選択するために使用します。

注記: MS_LINKTYPE構成変数を使用して、検証する結合タイプを制限することができます。MS_LINKTYPEが定義されていない場合または存在しない場合は、すべての既知のデータベース結合が検証されます。MS_LINKTYPEが、ODBCなどの特定の結合タイプに設定されていると、そのタイプの結合のみが検証されます。
注記: 既定では、検証できる結合の最大数は10,000です。DBUTIL_MAX_RECORDを設定することで、結合数を最大499,999までに増やすことができます。この制限は、枠ごとの表示およびファイルごとの表示操作に適用されます。検証する必要がある結合数が499,999を超える場合は、枠検証を使用して、結合の数を制限することを考慮してください。別な解決策として、MS_LINKTYPE構成変数を使用して、リンクのタイプにフィルタをかけてリンク数を制限する方法があります。
モデルID データベース結合が含まれているモデルの名前が表示されます。