MicroStation CONNECT Edition Help

「文字スタイル」ダイアログボックスの「全般」タブ

全般的な文字スタイル属性を設定するためのコントロールが含まれています。

設定説明
フォント 文字を配置するときのフォント(書体)であるアクティブフォントを設定します。

「フォント」オプションメニューには、システム上にあるすべてのRSCフォント、TrueTypeフォント、ビッグフォント以外のSHXフォントが、タイプごとにグループ化され、この順序で表示されます。基本のSHXフォントとしてSHXビッグフォントを指定する場合は、「詳細設定」タブのコントロールを使用します。SHXビッグフォントを指定できるのは、基本フォントがSHXフォントの場合のみです。

ACTIVE FONT [ フォント名|フォント番号 ]
FT= [ フォント名|フォント番号 ]
高さ 配置するときのアクティブな文字高さを作業単位で設定します。
ACTIVE TXHEIGHT [ mu:su:pu ]
TH= [ mu:su:pu ]
配置するときのアクティブな文字幅を作業単位で設定します。
ACTIVE TXWIDTH [ mu:su:pu ]
TW= [ mu:su:pu ]
「注釈尺度ロック」アイコン 注釈尺度ロックの状態(オンまたはオフ)を表示します。文字を配置するときに、文字を定義済みの注釈尺度で配置するには、ロックをオンにする必要があります。既定では、注釈尺度は、モデルの「注釈尺度」設定値から取得されます。この尺度は、「プロパティ」ダイアログボックスのモデルのプロパティでのみ変更できます。ただし、モデルの「注釈尺度を反映する」プロパティがオフになっている場合を除きます。この場合、注釈尺度は、プロパティによって要素ごとに個別に制御できます。
LOCK USEANNOTATIONSCALE < OFF | ON | TOGGLE >
斜体 (「斜体」がオンの場合のみ使用可能)配置時に文字が傾く角度を度数で設定します。
ACTIVE TXSLANT [ 角度 ]
配置基準 基準点(「文字を配置」ツールでデータ点を入力する位置)からの相対的な文字の位置を設定します。MicroStationでは、1行の文字列と複数行の文字列の両方について、すべての配置基準タイプがサポートされています。
  • 左上
  • 左中央
  • 左下
  • 左下がり
  • 中央上
  • 中央中央
  • 中央下
  • 中心下がり
  • 右上
  • 右中央
  • 右下
  • 右下がり
ACTIVE TXJ [ CB | CC | CT | LB | LC | LT | RB | RC | RT ]
オンの場合、色選択画面、24ビット色の値、またはカラーブックを使用して、配置する文字のを選択できます。
太字 オンの場合、配置時に文字を太字にします。
斜体 オンの場合、配置時に文字を斜体にします。
下線 オンの場合、配置時に文字に下線を引きます。
ACTIVE TXUNDERLINE [ OFF | ON | TOGGLE ]
上線 オンの場合、配置時に文字の上に上線を付けます。
分数 (「垂直」が選択されていない場合にのみ有効)オンの場合、"/"(通常の分数表記)または"#"(斜め線の分数表記)を検出すると、自動的に分数が作成されます。この設定は配置中の文字列にのみ影響し、作成される要素では保持されません。つまり、このスタイルを使用して要素を編集する場合、「分数表示」設定の値は要素ではなくアクティブな設定値から取得されます。

分数のフォーマットは、以下の3つの構成変数で制御することもできます。

  • MS_TEXT_AUTOSTACKFRACTIONS_TYPE
  • MS_TEXT_AUTOSTACKFRACTIONS_ALIGNMENT
  • MS_TEXT_STACKFRACTIONS_SCALE
垂直 (分数が選択されていない場合にのみ有効)オンの場合、文字の向きを垂直に配置します。
ACTIVE TXVERTICAL [ OFF | ON | TOGGLE ]
完全配置基準 オンの場合、全文の位置合わせを実行します。完全配置基準によって単語の間隔が調整されるため、テキストでハイフンが使用されません。