MicroStation CONNECT Edition Help

「文字スタイル」ダイアログボックス

文字スタイルを作成および修正するために使用します。また、アクティブな文字スタイル(スタイルがアクティブでない場合は、アクティブな文字属性)を設定します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「作図」 > 「注釈」 > 「文字」ダイアログボックス起動ツール
  • リボン:「管理」 > 「ホーム」 > 「スタイル」 > 「文字スタイル」

タイトルバーからアクティブな文字スタイルを判別できます。設定値を変更すると、設定値の名前とタブの名前が青色で表示され、元の文字スタイルから変更されていることが示されます。



キー入力: TEXTSTYLE DIALOG OPEN
設定説明
「文字スタイル」一覧 文字スタイルのツリー表現を表示します。

ツリーには、右クリックメニューが用意されています。



「アクティブ」「保存」「コピー」「名前を変更」「削除」「リセット」、および「ライブラリから更新」は、「スタイル」メニューの項目と同様です。

「要素を再マップ」は、特定の文字スタイルを持つすべての文字要素の文字スタイルを、別の文字スタイルに変更するために使用します。

「全般」タブ 「全般」タブには、全般的な文字スタイル属性を設定するためのコントロールが含まれています。
「間隔」タブ 「間隔」タブには、文字間隔スタイルを制御するためのコントロールが含まれています。
「下線/上線」タブ 「下線/上線」タブには、文字スタイルで上線および下線の配置を制御するためのコントロールが含まれています。
「背景」タブ 「背景」タブには、文字スタイルの背景を設定するためのコントロールが含まれています。
「詳細設定」タブ 「詳細設定」タブには、高度な文字スタイル属性を設定するためのコントロールが含まれています。
「スタイル」>「新規」 「文字スタイル」リストボックス内に"無題"文字スタイルを作成します。アクティブな文字スタイルからすべてのテキスト属性をデフォルトで継承します。
「スタイル」>「アクティブ」 選択した文字スタイルをアクティブな文字スタイルにします。
「スタイル」>「保存」 選択した文字スタイルおよびその文字スタイルの全設定値を保存します。
「スタイル」>「コピー」 「文字スタイル」リストボックス内に選択した文字スタイルを作成します。既定では、選択した文字スタイルの属性がすべて継承されます。
「スタイル」>「名前を変更」 選択した文字スタイルをハイライト表示して、名前を変更できるようにします。
「スタイル」>「削除」 選択した文字スタイルを削除します。
「スタイル」>「リセット」 文字スタイルの上書きデータ(複数可)を削除して、そのスタイルを以前に保存しておいたバージョンにリセットします。
「スタイル」>「すべてを保存」 複数の文字スタイルに対する変更を保存します。
「スタイル」>「インポート」 文字スタイルをインポートするための「文字スタイルのインポート」ダイアログボックスが開きます。
「スタイル」>「ライブラリから更新」 DGNファイルに含まれる文字スタイルが、構成されたDGNライブラリに加えられた変更を反映して更新されます(DGNライブラリの文字スタイルが変更された場合、変更前にDGNファイルに配置されていた文字スタイルは自動的に更新されません)。
DGNLIB UPDATE TEXTSTYLES
「スタイル」>「終了」 「文字スタイル」ダイアログボックスを閉じます。
「表示」>「スタイル」 スタイル階層ツリーをオン/オフにします。
「表示」>「プレビュー」 オンの場合、文字スタイルを「プレビュー」画面に表示します。
「表示」>「文字をプレビュー」 オンにして、「プレビュー」をオンにすると、「プレビュー」画面のアクティブな文字スタイルにユーザー定義文字を表示します。
「表示」>「リフレッシュ」 文字スタイルの表示をリフレッシュします。
ポップアップメニュー ダイアログ内の任意の場所を右クリックすると、スタイル階層ツリーを除く、「表示」メニューで利用可能なメニュー項目が含まれているメニューが表示されます。