MicroStation CONNECT Edition Help

文字属性を変更

文字要素またはタグ要素の選択した文字固有の要素属性を変更するために使用します。ツール設定値ウィンドウのコントロールは、新しい属性設定値を指定するために使用します。これらのコントロールは、「文字スタイル」ダイアログボックスのコントロールに似ています。また、「文字スタイル」ダイアログボックスのコントロールと同様に、アクティブな文字属性を変更します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「作図」 > 「注釈」 > 「文字」 > 「文字属性を変更」
  • ツールボックス:テキスト


設定説明
文字スタイル 使用可能なすべての文字スタイルのリストから現在の文字スタイルを設定します。
参照(アイコン) 「文字スタイル」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、文字スタイルを作成および修正します。
枠使用 オンの場合、選択された枠内容の属性が変更されます。
「展開する」または「たたむ」アイコン ツール設定値ウィンドウを展開するかたたんで、属性設定値を表示または非表示にします。
フォント オンの場合、要素を設定してアクティブなフォントに変更します。
高さ オンの場合、要素を設定してアクティブな文字高さに変更します。
オンの場合、要素を設定してアクティブな文字幅に変更します。
行間隔 オンの場合、要素を設定してアクティブな行間隔に変更します。
行間隔タイプ オンの場合、垂直方向の行間隔のタイプを設定します。
文字間隔 オンの場合、要素を設定してアクティブな文字間隔に変更します。
斜体 オンの場合、要素を設定してアクティブな斜体設定に変更します。
下線 オンの場合、要素を設定してアクティブな下線設定に変更します。「有効」または「無効」を選択します。
垂直 オンの場合、要素を設定してアクティブな縦書き設定に変更します。「有効」または「無効」を選択します。
ビュー オンの場合、ビューを回転したときの文字の向きに対する効果を指定します。
  • 依存している - ビューを回転すると、文字が回転します。
  • 独立した - ビューを回転しても、文字は同じ向きのまま維持されます。
配置基準 オンの場合、要素を設定してアクティブな文字配置基準に変更します。
注釈尺度 オンの場合、「注釈尺度」ロックアイコンを使用して、選択した文字の注釈尺度を変更、追加、または削除できます。
「注釈尺度」ロックアイコン (「注釈尺度」設定値がオンの場合のみ)オンにすると、選択した文字に注釈尺度が追加されます。

オフの場合、選択した文字から注釈尺度が削除されます。

既定では、注釈尺度は、モデルの「注釈尺度」設定値から取得されます。この尺度は、「プロパティ」ダイアログボックスのモデルのプロパティでのみ変更できます。ただし、モデルの「注釈尺度を反映する」プロパティがオフになっている場合を除きます。この場合、注釈尺度は、プロパティによって要素ごとに個別に制御できます。

キー入力: MODIFY TEXT
注記: 個々の文字列に固有な要素属性の詳細については、「文字属性の設定」を参照してください。