MicroStation CONNECT Edition Help

エッジを掃引

プロファイルを使用してパラメトリックソリッドのエッジによって定義されたパスに沿って切り取りまたは突起を配置するために使用します。

その他の詳細は次のとおりです。

  • このツールを使用して、直線のエッジおよび曲線、ホール、丸みなどの円形のエッジに沿った切り取りまたは突起を作成できます。
  • 開いた要素でも閉じた要素でも、切り取りプロファイルまたは突起プロファイルとして使用できます。
  • 開いたプロファイルがパラメトリックソリッドのエッジまで拡張しない場合、ソリッドのエッジを切り取るまで、プロファイルは終点まで接線方向に拡張されます。
  • 切り取りプロファイルまたは突起プロファイルは、切り取りを行うかまたは突起を作成するパラメトリックソリッドと一致する必要はありません。
このツールには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「モデリング」 > 「ソリッド」 > 「フィーチャ」
  • リボン:「モデリング」 > 「ホーム」 > 「修正」 > 「フィーチャ」
  • ツールボックス:ソリッドフィーチャ
設定説明
接線エッジを選択 オンの場合、接線で連続するエッジが一度の操作で選択されて掃引されます。オフの場合、選択されたエッジが掃引されます。
モード フィーチャのタイプを設定します。
  • 切り取り - ソリッドを切り取ります。
  • 突出し - ソリッドの外側にプロファイルを拡張します。
プロファイル フィーチャの作成後にプロファイルの動作を設定します。
  • 非表示 - プロファイルは後で変更できるようにフィーチャと関連付けられますが、表示されません。プロファイルをもう一度使用または修正するには、「リセット」ポップアップメニューの「入力要素を表示」コマンドまたは「入力要素を表示」ツールを使用する必要があります。
  • 表示 - プロファイルは後で変更できるようにフィーチャと関連付けられ、表示されます。これにより、別の3次元操作で同じプロファイルをすぐに再利用することができます。プロファイルを変更すると、両方の操作が影響を受けます。
  • コピーして非表示 - 「非表示」と似ていますが、最初にプロファイルのコピーが作成され、元のプロファイルは関連付けられない点が異なります。これにより、前のフィーチャに関連付けない別の3次元操作で同じプロファイルをすぐに再利用することができます。
キー入力: MODELER PATHCUT