MicroStation CONNECT Edition Help

平行掃引によるサーフェス

プロファイル要素(線分、連続線分、円弧、楕円、文字、複線、複合連結、複合図形、サーフェスまたはソリッド要素のエッジ、B-スプライン曲線)を定義された距離で掃引してサーフェスを作成するために使用します。元のプロファイル要素およびその掃引間で形成された曲面はキーポイントを結合する直線で示されます。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「モデリング」 > 「サーフェス」 > 「サーフェスを作成」 > 「平行掃引/掃引」 > 「平行掃引」
  • ツールボックス:サーフェスを作成
設定説明
アクティブな属性を使用 オンの場合、アクティブな属性を使用して、要素から平行掃引が作成されます。

オフの場合、プロファイル要素の属性を取得して、要素から平行掃引が作成されます。

オリジナルを保存 オンの場合、オリジナルのプロファイル要素はモデル内に保管されます。
パラメトリック オンの場合、プロファイルを入力要素として使用してパラメトリックサーフェスが作成されます。プロファイルは他のフィーチャ入力と同様に扱うことができ、表示/非表示の切り替えや拘束の適用、置換などの操作が可能です。
距離 オンの場合、要素を掃引する距離を作業単位で設定します。
変数リンク
「変数」ダイアログボックスで定義した既存の変数を使用して入力値を設定することができます。
注記: 変数が存在しない場合は、最初に変数を作成するよう警告されます。
厚み 「パラメトリック」が有効な場合にのみ使用可能)厚みのあるソリッドまたは面が必要な場合に、壁の厚みを設定します。
  • なし - 「厚み」設定値を無効にします。
  • 内側 - 掃引の内側の面に厚みが作成されます。
  • 外側 - 掃引の外側に厚みが作成されます。
  • 中心 - 厚みの入力値を基準にして、掃引の両方の面に厚みが均等に作成されます。
直交 (拡張設定値)オンの場合、プロファイル要素は直交して掃引されます。
両方向 (拡張設定値)オンの場合、プロファイル要素は両方向に掃引されます。
X尺度 (拡張設定値)オンの場合、X方向の尺度を設定します。
Y尺度 (拡張設定値)オンの場合、Y方向の尺度を設定します。
回転角 (拡張設定値)0以外に設定されると、プロファイルは掃引中に回転されます。
キー入力: CONSTRUCT SURFACE PROJECTION