MicroStation CONNECT Edition Help

「標準チェッカー設定値」ダイアログボックス

標準チェックの設定値のコレクションを定義および格納するために使用します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「作図」 > 「分析」 > 「標準チェッカー」 > 「設定」
  • キー入力コマンド:MDL SILENTLOAD STANDARDSCHECKER SETTINGS

標準設定値(名前付きの設定値)のコレクションは、アクティブファイルに格納されます。通常、設定値はDGNライブラリ(DGNLib)に格納する必要があります。

詳細は、「標準準拠の保証」を参照してください。



設定説明
設定値名 標準設定値のコレクションの名前を一覧表示します。
標準チェッカー設定値を新規作成 「標準チェッカー設定値を作成」ダイアログボックスが開きます。ここから、標準設定値の名前と注記を入力することができます。
標準チェッカー設定値を削除 アクティブファイルから選択した名前付きの設定値を削除します。
画層をチェック オンの場合、画層標準チェックが選択されます。「設定値」ボタンをクリックして、「画層チェッカーの設定値」ダイアログボックスを開きます。ここから、画層チェックの設定値を選択することができます。
文字スタイルをチェック オンの場合、文字スタイル標準チェックが選択されます。「設定値」ボタンをクリックして、「文字スタイルチェッカーの設定値」ダイアログボックスを開きます。ここから、文字スタイルチェックの設定値を選択することができます。
寸法スタイルをチェック オンの場合、寸法スタイル標準チェックが選択されます。「設定値」ボタンをクリックして、「寸法スタイルチェッカーの設定値」ダイアログボックスを開きます。ここから、寸法スタイルチェックの設定値を選択することができます。
要素テンプレートをチェック オンの場合、要素テンプレート標準チェックが選択されます。「設定値」ボタンをクリックして、「要素テンプレートチェッカーの設定値」ダイアログボックスを開きます。ここから、要素テンプレートチェックの設定値を選択することができます。
線種をチェック オンの場合、線種標準チェックが選択されます。「設定値」ボタンをクリックして、「線種チェッカーの設定値」ダイアログボックスを開きます。ここから、線種チェックの設定値を選択することができます。