MicroStation CONNECT Edition Help

パスに沿って掃引ソリッド

(3次元のみ)次を作成するために使用します。

  • パスに沿ってプロファイル要素を掃引したソリッド。プロファイル要素は、多角形、複合図形、B-スプライン曲面などの閉じられた要素、あるいはソリッドまたは曲面要素の選択した面です。
  • パスに沿ったチューブソリッド掃引。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「モデリング」 > 「ソリッド」 > 「ソリッドを作成」
  • リボン:「モデリング」 > 「ホーム」 > 「配置」 > 「プロファイルでソリッド」
  • ツールボックス:ソリッドを作成

下書きを承認する前に、結果が図形とともに表示されます。この図形で、拡大/縮小の基準点(拡大/縮小が有効な場合)や掃引の方向を調整することができます。

設定説明
カスタムプロファイル
曲線に沿って掃引ソリッド作成します。
円形プロファイル
曲線に沿って掃引チューブソリッド作成します。詳細については、トピック「パスに沿った平行掃引によるソリッド - 円形プロファイル」を参照してください。
入力補助線 プロファイル要素が掃引されるときの向きを指定します。
  • 標準 - プロファイルが掃引されるときに、パスの法平面との関係が固定したまま維持されます。
  • 平行 - プロファイル要素が掃引されるときに、元の位置と並行状態に維持されます。
プロファイルの回転をロック オンの場合、非平面パスに沿って掃引されるときのプロファイルの向きを定義できます。

オフの場合、プロファイルの向きは非平面パスの図形要素によって制御され、不要なねじれが生じることがあります。

開始距離 パス要素に沿った平行掃引を開始する距離を定義することができます。開始距離の基準点をクリックしてドラッグすると、これをグラフィカルに変更できます。
変数リンク
「変数」ダイアログボックスで定義した既存の変数を使用して入力値を設定することができます。
注記: 変数が存在しない場合は、最初に変数を作成するよう警告されます。
終点距離 パス要素に沿った平行掃引を終了する距離を定義することができます。終点距離の基準点をクリックしてドラッグすると、これをグラフィカルに変更できます。
厚み くり抜きソリッドまたは厚みのある面が必要な場合に、壁の厚みを設定します。
  • なし - 「厚み」設定値を無効にします。
  • 内側 - 掃引の内側の面に厚みが作成されます。
  • 外側 - 掃引の外側の面に厚みが作成されます。
  • 中心 - 入力された合計の厚み値になるように、掃引の両方の面に厚みが均等に作成されます。
尺度 掃引に尺度を適用できます。プロファイルが掃引されるときに、選択された尺度の点を基準に拡大/縮小されます。掃引を承認する前に、尺度の点の図形(球)を新しい場所にドラッグすることで、尺度の点を調整できます。
回転 オンの場合、プロファイルがパスに沿って掃引されるときに、角度フィールドに指定された角度で回転します。
パス フィーチャの作成後にパスの動作を設定します。
  • 非表示 - パスは後で変更できるようにフィーチャと関連付けられますが、表示されません。パスをもう一度使用または修正するには、「パス掃引」フィーチャアイコンの「リセット」ポップアップメニューから「入力要素を表示」コマンドを使用する必要があります。
  • 表示 - パスは後で変更できるようにフィーチャと関連付けられ、表示されます。これにより、別の3次元操作で同じパスをすぐに再利用することができます。パスを変更すると、両方の操作が影響を受けます。
  • コピーして非表示 - 「非表示」と似ていますが、最初にパスのコピーが作成され、元のパスは関連付けられない点が異なります。これにより、前のフィーチャに関連付けない別の3次元操作で同じパスをすぐに再利用することができます。
プロファイル フィーチャの作成後にプロファイルの動作を設定します。
  • 非表示 - プロファイルは後で変更できるようにフィーチャと関連付けられますが、表示されません。プロファイルをもう一度使用または修正するには、「リセット」ポップアップメニューの「入力要素を表示」コマンドまたは「入力要素を表示」ツールを使用する必要があります。
  • 表示 - プロファイルは後で変更できるようにフィーチャと関連付けられ、表示されます。これにより、別の3次元操作で同じプロファイルをすぐに再利用することができます。プロファイルを変更すると、両方の操作が影響を受けます。
  • コピーして非表示 - 「非表示」と似ていますが、最初にプロファイルのコピーが作成され、元のプロファイルは関連付けられない点が異なります。これにより、前のフィーチャに関連付けない別の3次元操作で同じプロファイルをすぐに再利用することができます。
自己交差を許可 自己と交差する図形要素を作成できます。オンの場合は、交差する図形要素の作成に長い時間がかかることがあります。
キー入力: CONSTRUCT SOLID ALONG