MicroStation CONNECT Edition Help

回転掃引によるソリッド

このツールを使用して、回転掃引のソリッド(軸を基準にして、楕円、多角形、複合連結、複合図形、閉じたB-スプライン曲線などのプロファイル要素を回転させることにより生成される、複雑な3次元要素)を作成します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「モデリング」 > 「ソリッド」 > 「ソリッドを作成」
  • リボン:「モデリング」 > 「ホーム」 > 「配置」 > 「プロファイルでソリッド」
  • ツールボックス:ソリッドを作成
設定説明
回転掃引の軸の方向を設定します。
  • 点 - 軸の方向をグラフィカルに定義します。アキュドローを使用して、点を配置するデザイン平面を定義することができます。
  • 画面X、Y、またはZ - 軸の方向が画面のX、Y、またはZ軸に設定されます。
  • デザインX、Y、またはZ - 軸の方向が図面またはデザインファイルのX、Y、またはZ軸に設定されます。
角度 回転角度を設定します。
厚み くり抜きソリッドまたは厚みのある面が必要な場合に、壁の厚みを設定します。
  • なし - 「厚み」設定値を無効にします。
  • 内側 - 掃引の内側の面に厚みが作成されます。
  • 外側 - 掃引の外側の面に厚みが作成されます。
  • 中心 - 入力された合計の厚み値になるように、掃引の両方の面に厚みが均等に作成されます。
変数リンク
「変数」ダイアログボックスで定義した既存の変数を使用して入力値を設定することができます。
注記: 変数が存在しない場合は、最初に変数を作成するよう警告されます。
アクティブな属性を使用 オンの場合、アクティブな属性を使用して、要素からソリッドが作成されます。

オフの場合、プロファイル要素の属性を取得して、要素からソリッドが作成されます。

オリジナルを保存 オンの場合、オリジナルのプロファイル要素はデザイン内に保管されます。
パラメトリック オンの場合、プロファイルを入力要素として使用してパラメトリックソリッドが作成されます。プロファイルは他のフィーチャ入力と同様に扱うことができ、表示/非表示の切り替えや拘束の適用、置換などの操作が可能です。
注記: 「プロパティ」ダイアログボックスの「パラメトリックの設定」セクションには、キャップ、重心半径、最大半径、最小半径などの詳細設定が用意されています。上部ペインの「プロパティ」ダイアログボックスで「回転掃引のソリッド」が選択されていることを確認します。
キー入力: CONSTRUCT SURFACE REVOLUTIONSOLID