MicroStation CONNECT Edition Help

「SketchUp (SKP)エクスポート」ダイアログボックス

DGNモデルをSketchUpフォーマットにエクスポートするための設定を定義するために使用します。幾何がSketchUpメッシュ要素としてエクスポートされます。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「ファイル」 > 「エクスポート」 > 「3次元モデルのファイルタイプ」 > 「SketchUp (*.skp)」


設定説明
曲線近似許容差(メートル): エクスポートする幾何のメッシュ要素の許容差を設定します。
非表示画層 オンの場合は、非表示画層の幾何がエクスポートに含まれます。
カスタムの線種 オンの場合は、カスタム線種が変換され、MicroStationにおける表示と同様に表示されます。

オフの場合は、カスタム線種が単純な線分(線種0)として変換されます。

レンダリングしたビューのワイヤフレーム図形 オンの場合は、ワイヤフレーム幾何が変換されます。

オフの場合は、ワイヤフレーム幾何が無視されます。

レンダリングモード エクスポートするファイルの表示モードを設定します。
  • ビューから - レンダリングモードがアクティブなビューの設定値から取得されます。
  • ワイヤフレーム
  • スムーズ
エクスポート 「SketchUpファイルを作成」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスは、エクスポートするファイルのフォルダとファイル名を選択するために使用します。
EXPORT SKETCHUP