MicroStation CONNECT Edition Help

「地理座標系を選択」ダイアログボックスの「ライブラリ」タブ

地理座標系のグループを表示するツリーから地理座標系(GCS)を選択するためのコントロールがあります。



「地理座標系を選択」の「ライブラリ」タブ

設定説明
お気に入り すばやくアクセスできるようにユーザーや管理者が登録した地理座標系です。お気に入りフォルダに地理座標系を追加したり削除することができます。
ライブラリ 地理座標座標系が2つのグループ(緯度と経度を使用する「Geographic」と「Projected」)に分類されています。地理座標系はさらに地理ごとのサブグループに分類されています。選択した地理座標系のプロパティは、読み取り専用として右ペインに表示されます。これらのプロパティは、「地理座標系プロパティ」ダイアログボックスのプロパティと同じです。

また、ユーザー定義の基準点や楕円を含んだユーザー定義のGCSも使用できます。ユーザー定義の楕円や基準点を含んだGCSを持つデザインファイルは、そのGCSが格納されているGCSライブラリにアクセスする必要なしに、問題なく開くことができます。ただし、ある特定の楕円または基準点のパラメータ値(たとえばソースなど)は、ライブラリへのアクセスを必要とします。したがって、ライブラリが使用できない場合、「地理座標系プロパティ」ダイアログボックスでそれらの値は空白となります。しかしながら、そのことが操作上何らかの問題をもたらすことはありません。

注記: MicroStation V8i(SELECTseries 2)以前のバージョンでは、ユーザー定義の楕円や基準点を含んだGCSを持つモデルは認識されません。もし以前のバージョンでこのようなGCSを持つモデルを開く場合、地理座標系がアタッチされていないモデルとして処理されます。地理的に再投影または変換された参照アタッチメントのうち、そのマスターファイルや参照アタッチメントに前述のようなGCSが使用されているものは、表示されません。このような参照は、「参照」ダイアログボックスでは赤色で表示され、ファイル名フィールドを除くいずれかのフィールドの上にマウスポインタを置くと、「必要な地理座標変換を実行できません」というバルーンテキストが表示されます。