MicroStation CONNECT Edition Help

SQLウィンドウ

データベーステーブルに対して対話的に問い合わせを行ったり、テーブルの行を追加、編集、削除するためのSQL文を実行するために使用します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • キー入力:SQL


設定説明
実行 入力されたSQL文を実行します。

データベースクエリの結果を一行ごとにSQLウィンドウに表示します。ただし、SQLエラーメッセージはステータスバーに表示されます。

承認 設定された行を確認します。
次の行を表示します。
中止 行の表示を中止します。
「ファイル」メニュー>「開く」 「SQLコマンドファイルを開く」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスは、SQLコマンドファイルを開き、そのファイルにあるSQL文を実行するために使用します。

SQLコマンドファイルは、単一のSQL文が含まれているASCIIファイルです。SQLコマンドファイルに頻繁に使用するSQL文を保存しておくと便利です。SQL文は複数行にわたって続けることができます。

"@"文字で始まるSQL文は、コマンドファイルを呼び出すものとして処理されます。拡張子".sql"が省略されていれば、補って処理されます。次に例を示します。

@query

"query.sql"ファイルのSQL文を処理します。

「ファイル」メニュー>「名前を付けて保存」 「SQLコマンドファイルを保存」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスは、SQLウィンドウの文字フィールド内のSQL文を保存するコマンドファイルを指定するために使用します。