MicroStation CONNECT Edition Help

「フライスルーを作成」ダイアログボックス

3次元モデルを視覚化するための、シーケンスと呼ばれる簡単なアニメーションを作成するために使用されます。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • キー入力コマンド:MDL LOAD FLYTHRU


設定説明
「カメラ設定値」セクション 「カメラ設定値」セクションには、仮想カメラの"レンズ""対象"の特性を定義するためのコントロールが含まれます。
「出力」セクション 「出力」セクションには、元ビューを指定したり、「動画」ウィンドウで再生中の連続画像の概観を制御するために使用するコントロールが含まれています。
「フレーム」セクション 「フレーム」セクションには、シーケンスのフレームに関連する設定値があります。
「ツール」メニュー>「パスを定義」 シーケンスの間にカメラが通るパスを定義するために使用します。

このアイテムを選択する前に、線分、連続線分、弧、楕円、曲線またはB-スプライン曲線を配置して、まずカメラが通るパスを定義する必要があります(パスをシーケンスで見えないようにするには、下書き要素として配置します)。

ヒント: カメラパスをデザインの周辺で定義する最良の方法は、X-Y座標系平面上に存在するようにパスを合わせることです。
「ツール」メニュー>「プレビュー」>「カメラ」 シーケンスを記録しないで、カメラパスに沿った各カメラ位置と、それぞれの位置でカメラに写る3次元領域を表示します。
「ツール」メニュー>「プレビュー」>「ビュー」 連続画像を記録せずに、出力先ビューの中に各フレームを表示します。
「ツール」メニュー>「記録」 「アニメーションを記録」ダイアログボックス が開きます。このダイアログボックスは、連続画像のファイルフォーマットと色数を設定し、連続画像を記録するために使用します。