MicroStation CONNECT Edition Help

「更新の順序」ダイアログボックス

ビューウィンドウの更新に必要なすべての処理の表示順序を変更するために使用します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • 「参照」ダイアログボックス:「プロパティ」 > 「更新の順序」
  • 「ラスターマネージャ」ダイアログボックス:「設定値」 > 「更新の順序」


設定説明
リストボックス アクティブなDGNファイル、およびアタッチされた参照ファイルが、表示される順序で一覧表示されます。

シーケンス内のファイルの位置を変更するには、まずファイルを選択する必要があります。<Ctrl>キーおよび<Shift>キーを使用して複数のファイルを選択することができます。

シーケンス内の1つまたは複数のファイルの位置を変更するには、次の手順に従います。

  • ファイルを新しい位置にドラッグします。
  • 矢印ボタンを使って、ファイルの位置を変更します。

リストボックスには、次の3つの列があります。

  • スロット - スロット番号は参照に割り当てられた一意の番号です。シーケンス内の参照の位置が変わった場合でも、参照のスロット番号は、変わりません。
  • ファイル名 - 参照のソースファイル。"ラスター参照"は参照ラスターファイルを示します。これらのファイルは、グループ単位でのみ順位が変更でき、最初あるいは最後にのみ配置できます。
  • モデル - 参照のモデル名。
  • 論理名 - 参照の論理名。
矢印アイコン 選択されたファイルをシーケンスの上または下に移動します。
既定 MS_REF_MASTERFILELAST_SHEETMS_REF_MASTERFILELAST_DRAWING、およびMS_REF_MASTERFILELAST_DESIGN構成変数により設定される既定の更新の順序に戻ります。