MicroStation CONNECT Edition Help

寸法を再関連付け





長さ寸法または半/直径寸法を要素に再関連付けするために使用します。

寸法と要素の再関連付けは、個別に行うことも、枠および選択セットを使用して行うこともできます。寸法の再関連付けを行うには、目的の要素がビューウィンドウに表示されている必要があります。

関連性が解除されている寸法を識別できるように、「選択事項」ダイアログボックス(「ファイル」 > 「設定」 > 「ユーザー」 > 「選択事項」)の「操作」カテゴリにある「解除された関連性をハイライト表示」が既定でオンになっています。この設定がオンの場合、関連性が解除されている寸法は、太い破線で強調されます。

このツールは、長さ寸法および半/直径寸法(線分、連続線分、複線、多角形、円弧、または円)に対応しています。縦座標寸法または角度寸法には対応していません。縦座標寸法を要素に再関連付けするには、たとえば「要素を修正」ツールを使用します。



設定説明
枠使用 オンの場合、枠内要素内の、関連性が解除されている寸法の再関連付けが行われます。
キー入力: DIMENSION REASSOCIATE