MicroStation CONNECT Edition Help

「リアリティメッシュのアタッチ」ダイアログボックス

リアリティメッシュをアタッチおよび操作するために使用します。

このダイアログボックスは次の場所から開くことができます。
  • リボン: 「作図」 > 「ホーム」 > 「本図」 > 「参照ツール」 > 「リアリティメッシュ」
  • リボン:「モデリング」 > 「ホーム」 > 「本図」 > 「参照ツール」 > 「リアリティメッシュ」
  • リボン:「ビジュアリゼーション」 > 「ホーム」 > 「本図」 > 「参照ツール」 > 「リアリティメッシュ」
  • リボン:「管理」 > 「ホーム」 > 「本図」 > 「参照ツール」 > 「リアリティメッシュ」
  • リボン:「作図」 > 「アタッチ」 > 「リアリティメッシュ」ダイアログボックス起動ツール
設定説明
階層を表示
オンの場合、アクティブファイルとアクティブファイルに直接アタッチされている参照を示すツリーが表示されます。ツリーをオフに切り替えると、「階層を表示」アイコンの横にある矢印ボタンを使って、アクティブファイルとアクティブファイルに直接アタッチされている参照を表示することができます。
リアリティメッシュをアタッチ
「リアリティメッシュをアタッチ」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、URLを入力するかリアリティメッシュファイルを参照して、リアリティメッシュファイルをアタッチすることができます。
リアリティメッシュをデタッチ
選択したリアリティメッシュをデタッチします。
MRMESH DETACH < ALL | SELECTED | SINGLE >
リアリティメッシュを切り取り
リアリティメッシュを既存の要素の内部に合わせて切り取ります。
MRMESH CLIP
リアリティメッシュをマスク
境界線内の参照部分を覆います。
MRMESH MASK
リアリティメッシュを分割
既存の要素の内部と外部を表す2つのメッシュにリアリティメッシュを分割します。
MRMESH SPLIT
切り取りを削除
1つまたは複数の切り取りを削除します。
MRMESH UNCLIP < ALL | ELEMENT | FENCE | TOOL >
ハイライトモード 選択した参照をハイライト表示するか、境界線で囲むかを制御します。
  • なし - 選択した参照をハイライト表示しません。
  • 境界 - 選択した参照の周囲に破線の境界線を配置します。
「リアリティメッシュのアタッチ」上部リストボックス 現在のモデルのリアリティメッシュの参照ファイルが一覧表示されます。既定では、次の列が各参照に対して表示されます。
  • ファイル名 - リアリティメッシュの参照ファイルのファイル名。
  • アクティブなクラス - アクティブなクラスの名前(または「なし」)。
  • エクスポート解像度 - リアリティメッシュをエクスポートするときの解像度を制御します。
  • 透過(アイコン) - リアリティメッシュに適用される透過度を設定します。
  • 表示(アイコン) - オフの場合、すべてのビューでリアリティメッシュの表示を省略します。
  • スナップ(アイコン) - オフの場合、リアリティメッシュがスナップ不可能になります。
  • 指定(アイコン) - オフの場合、リアリティメッシュをツールで指定できなくなります。
このリストのすべてのエントリは編集可能です。たとえば、別のリアリティメッシュファイルを選択するには、「ファイル名」のエントリをダブルクリックします。
リアリティメッシュクラスをアタッチ
「リアリティメッシュにクラスをアタッチ」ツールを起動します。クラス内の任意の要素を選び、選択したリアリティメッシュに新しいクラスをアタッチするために使用します。
MRMESH CLASSIFIER ATTACH
リアリティメッシュクラスをデタッチ
選択したリアリティメッシュクラスをデタッチします。
MRMESH CLASSIFIER DETACH
リアリティメッシュクラスを選択
リアリティメッシュを直接選ぶことによりクラス境界を選択することができます。リアリティメッシュの上にカーソルを移動すると、リアリティメッシュの領域が光り、現在のクラスの内容が示されます。データ点を入力すると、示されたクラス境界要素が選択されます。リセットを入力すると、最後の選択が削除されます。<Ctrl>キーを押しながらデータ点を入力すると、現在の選択にクラス境界が追加されます。
MRMESH CLASSIFIER SELECT
「リアリティメッシュのアタッチ」下部のリストボックス 選択したリアリティメッシュのクラスが一覧表示されます。
  • 名前 - クラス名。クラスを説明する任意の一意の値に設定することができます。
  • ターゲット - クラスのターゲット。「モデル」、「画層」、「名前付きグループ」、または「要素」のいずれかです。
  • 余白 - 余白の距離によって、クラス境界をどれだけ拡大(正の値)または縮小(負の値)するかを指定します。囲まれた領域のエッジの真上にある建物のフットプリントなど、ある特定の境界については、小さな余白の値を指定することで、境界エッジの位置で予期しない切り取りが発生するのを避けることができます。余白の距離に負の値を指定すると、隣接する境界の間にある小さな領域が省略されます。
  • 内側 - クラス境界内側のリアリティメッシュの表示モードを制御します。オプションには「オン」、「オフ」、「グレー表示」、「ハイライト」、「要素から」があります。「要素から」に設定されている場合、クラス境界の内側の線属性は、ソースモデル内の要素の線属性に基づきます。
  • 外側 - クラス境界外側のリアリティメッシュの表示モードを制御します。オプションには「オン」、「オフ」、「グレー表示」、「ハイライト」があります。
  • 選択済み - 選択したクラス境界内側のリアリティメッシュ要素の表示モードを制御します。オプションには「オン」、「オフ」、「グレー表示」、「ハイライト」があります。
注記: 多くの要素があるクラスの場合、内側と外側の図形を別々に表示すると、表示パフォーマンスが低下することがあります。十分なレベルの表示速度を維持するために、実際の境界ではなく範囲を使用するか、別々の表示を完全にやめることをお勧めします。
「ツール」>「アタッチ」 「リアリティメッシュをアタッチ」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、URLを入力するかリアリティメッシュファイルを参照して、リアリティメッシュファイルをアタッチすることができます。
「ツール」>「デタッチ」 選択したリアリティメッシュの参照ファイルをデタッチします。
「ツール」>「すべてデタッチ」 リアリティメッシュの参照ファイルをすべてデタッチします。
「ツール」>「切り取り」 リアリティメッシュを既存の要素の内部に合わせて切り取ります。
「ツール」>「マスク」 境界線内の参照部分を覆います。
「ツール」>「分割」 既存の要素の内部と外部を表す2つのメッシュにリアリティメッシュを分割します。
「ツール」>「切り取りを削除」 1つまたは複数の切り取りを削除します。
「ツール」>「クラスをアタッチ」 「リアリティメッシュにクラスをアタッチ」ツールを起動します。クラス内の任意の要素を選び、選択したリアリティメッシュに新しいクラスをアタッチするために使用します。
「ツール」>「クラスをデタッチ」 選択したリアリティメッシュクラスをデタッチします。
「ツール」>「すべてのクラスをデタッチ」 リアリティメッシュクラスをすべてデタッチします。
「ツール」>「クラスを選択」 リアリティメッシュを直接選ぶことによりクラス境界を選択することができます。リアリティメッシュの上にカーソルを移動すると、リアリティメッシュの領域が光り、現在のクラスの内容が示されます。データ点を入力すると、示されたクラス境界要素が選択されます。リセットを入力すると、最後の選択が削除されます。<Ctrl>キーを押しながらデータ点を入力すると、現在の選択にクラス境界が追加されます。
キー入力: MRMESH DIALOG < OPEN | CLOSE | TOGGLE >