MicroStation CONNECT Edition Help

ラスターカスタム線種

MicroStationの現在のカスタム線種のサポートは、実際の図形を使用してスタイルを定義します。これには、繰り返し記号を"ストローク"パターンと組み合わせて、2次元または3次元スタイルを生成するために適用できるスタイルを生成する機能が含まれています。

繰返しラスター画像に基づいたスタイルを含む線種の代替方法が導入されました。これらのスタイルは主に2次元図面で役立ち、高品質で高効率な図面を作成する場合に非常に効果的です。次に、ラスター線種が有用となる例をいくつか示します。

注記: ラスター線種を印刷するときは、「ラスタライズ」チェックボックスがオンになっていることを確認してください。それ以外の場合は、ラスター線種は塗り潰し領域として表示されます。

線路の線種

下の例では、上の線種は、標準のMicroStation {Rail Road}カスタム線種で、線路の2つの連続したストロークと線路のまくら木の長方形で定義されています。一方、下の線種は、線路のラスター画像によって定義されたラスターカスタム線種です。

スケッチ風の線種

ラスター線種は、図形がコンピュータで生成されたのではなくフリーハンドで"スケッチされた"ことを意味するために使用することもできます。この場合、ラスター画像は色ではなくスタイルの形状のみを制御します。

スケッチ表示と非スタイル化表示

スケッチ表示のストロークパターン

高品質の画像

ラスター線種の画像は高品質であるため、通常は明示的にモデル化される可能性がある機能のかなり詳細な画像を生成するために使用できます。

スケッチ表示のストロークパターン

ラスターカスタム線種の構成要素を作成するための設定

ラスター線種の構成要素の設定は、「線種エディタ」ダイアログボックスに表示されます。

カスタム線種の構成要素を作成するための「線種エディタ」ダイアログボックスに、次の設定が追加されます。
  1. 「編集」 > 「作成」 > 「ラスター」 - ラスター線種で使用するラスター画像を選択するための「ラスター線種を選択」ダイアログボックスを開きます。
  2. 「白黒」 - カスタム線種を白黒またはフルカラーにするかどうかを制御します。白黒(単色)のラスター線種は、線種の形状のみを制御し、線色は引き続き要素の線属性から取得します。この場合、画像データはスタイルの透過を制御します。透過データのソースは、「ソース」ドロップダウンリストから選択されます。画像データがグレースケールまたは白黒である場合、チャンネル(赤、緑または青)の選択は重要ではありません。選択されたチャンネルの値は、スタイルがそのピクセルでどの程度不透明であるかを制御します。値がゼロの場合は完全に透明になり、値が高いと不透明になります。"反転された"オプションの1つを選択すると、これが逆になります。白の背景上で画像が黒の場合は、暗い図形が不透明で背景が透明になるように、反転されたオプションの1つを選択する必要があります。
  3. 「幅」 - 線種の幅を制御します。このチェックボックスが選択されていない場合、ラスター線種の幅は線幅によって制御されます。この場合、スタイルは標準(1~7)の線種コードと同じように動作し、幅はズームファクタに依存しません。「幅」チェックボックスをオンにすると、スタイルに明示的な幅を設定できます(単位は標準線種の構成要素の距離と同じ方法で制御されます)。

ラスター線種の構成要素の作成

ラスター線種は、従来の線種と同様に「線種エディタ」ダイアログボックスから作成できます。手順は次のとおりです。
  1. 新しい.rscファイルを作成し、..\\ProgramData\Bentley\MicroStation CONNECT Edition\Configuration\Organization\Symbフォルダに保存します。
  2. 新しい線種を作成します(「編集」 > 「作成」 > 「新規」)。
  3. 「編集」 > 「作成」 > 「ラスター」の順に選択します。「ラスター線種ファイルを選択」ダイアログボックスです。
  4. ラスター線種として使用するラスターファイルに移動し、「開く」をクリックします。
  5. 「白黒」、「ソース」、および「幅」の設定に必要な変更を加えます。
  6. 「編集」 > 「リンク」を選択して、ラスター線種の構成要素を線種にリンクします。
  7. 「ファイル」 > 「保存」の順に選択します。ラスター線種は、「属性」リボングループの「線種」ドロップダウンリストから使用できるようになりました。

ラスター線種の表示を非表示にするには、構成変数MS_NO_RASTER_LINESTYLEを1に設定します。