MicroStation CONNECT Edition Help

切り取り

ラスター画像を切り取る(枠外切り取り)ため、またはマスク領域を定義する(切り取りマスク)ために使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「作図」 > 「アタッチ」 > 「ラスター」
  • ツールボックス:ラスターコントロール

画像には、枠外切り取りは1つしか定義できません。切り取りマスクは複数を定義できます。このため、新しい枠外切り取りを作成すると、既存の枠外切り取りはクリアされます。切り取りマスクを作成する場合は、選択した画像の既存の切り取りマスクに対して追加されます。新規作成する切り取りマスクは、以前に作成した切り取りマスクと交差させることはできません。既存の切り取りマスクと交差させようとすると、情報ボックスが表示され、切り取りマスクが無効である理由が通知されます。

切り取りとして有効な要素は、円、楕円、正方形、長方形、B-スプライン、閉じた要素、および閉じた多角形です。

3次元のデザインファイルにあるラスター画像に対して切り取り多角形を適用すると、多角形の形状がラスター画像の切り取りに使用され、上面に表示されます。

注記: このツールは、複数のラスターが選択されているときにブロックされなくなりました。


設定説明
方法 このオプションメニューを使用すると、ラスター画像の切り取りに使用するオブジェクトの種類を選択できます。
  • 長方形 - 切り取り多角形として使用する長方形を対話的に描くことができます。
  • 要素 - デザインファイルの中で、切り取り多角形として使用する既存の(閉じた)要素を指定できます。
  • 枠 - 既存の枠を切り取り多角形として使用できます。
モード このオプションメニューを使用すると、ラスター画像の切り取りに使用する切り取りモードを選択できます。
  • 枠外切り取り - 画像を切り取るときに使用します。画像は、切り取りオブジェクトの大きさを上限として切り取られ、1つ前の状態に戻されます。
  • 切り取りマスク - ラスター画像内の断面をマスクするときに使用します。このオプションを使用すると、ラスター画像ファイル内にテキストボックスなどを配置できます。
キー入力: RASTER TOOLCLIP
キー入力: RASTER CLIP BOUNDARY
キー入力: RASTER CLIP MASK