MicroStation CONNECT Edition Help

「プリンタドライバ構成」ダイアログボックス

XMLフォーマットで保存されているプリンタドライバ構成ファイルを追加または編集するために使用します。このようなファイルには、.pltcfgという拡張子が付けられています。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • 「印刷」ダイアログボックス:「ファイル」 > 「プリンタドライバ構成を編集」


キー入力: PRNCFGEDIT DIALOG
注記: 「プリンタドライバ構成」ダイアログボックスを使用して、.pltファイルとして保存されたプリンタドライバ構成ファイルを開くことができますが、ファイルは読み取り専用になります。
設定説明
「全般」タブ 選択されたプリンタドライバ構成ファイルに関する一般情報を表示します。「印刷」ダイアログボックスのプリンタ一覧でプリンタドライバを識別する方法を決定する「ラベルを表示」コントロールも含まれます。
「基本プロパティ」タブ 選択されたプリンタドライバ構成ファイルに対して定義されたプロパティを編集するためのコントロールが含まれます。プロパティはいくつかのカテゴリに分類されます。個々のプロパティとともに表示されるカテゴリは、現在ロードされているプリンタドライバによって異なります。
「用紙サイズ」タブ 選択されたプリンタドライバ構成ファイルに対して定義された用紙サイズの編集、追加、削除、および並べ替えを実行するためのコントロールが含まれます。
「色マップ」タブ 選択されたプリンタドライバ構成ファイルに対して定義された色マップを編集するためのコントロールが含まれます。
「線幅マップ」タブ 選択されたプリンタドライバ構成ファイルに対して定義された線幅マップを編集するためのコントロールが含まれます。
「線種」タブ 選択されたプリンタドライバ構成ファイルに対して定義された印刷線種のオン/オフパターンを編集するためのコントロールが含まれます。
「フォントマップ」タブ 選択されたプリンタドライバ構成ファイルに対して定義されたフォントマップの編集、追加、削除、および並べ替えを実行するためのコントロールが含まれます。
「プログラム」タブ 選択されたプリンタドライバ構成ファイルに対して定義された印刷前と印刷後のオペレーティングシステムコマンドの編集、追加、削除、および並べ替えを実行するためのコントロールが含まれます。
「ファイル」>「新規」 「新規プリンタドライバ構成を作成」ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスは、作成するプリンタドライバのタイプを選択するために使用します。プリンタドライバのタイプに関する情報が「コメント」テキストボックスに表示されます。
PRNCFGEDIT NEW [ ドライバ名 ]
注記: このキー入力コマンドは、新しいプリンタドライバ構成ファイルをメモリにロードします。「プリンタドライバ構成」ダイアログボックスは開きません。
「ファイル」>「開く」 「プリンタドライバ構成ファイルを選択」ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスは、プリンタドライバ構成ファイルを選択して開くために使用します。
PRNCFGEDIT OPEN [ ファイル名 ]
注記: このキー入力コマンドは、選択されたプリンタドライバ構成ファイルをメモリにロードします。「プリンタドライバ構成」ダイアログボックスは開きません。
「ファイル」>「保存」 現在メモリにロードされているプリンタドライバ構成ファイルを同じ名前で現在の場所に保存します。
「ファイル」>「名前を付けて保存」 「プリンタドライバ構成ファイルを保存」ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスは、ロードされているプリンタドライバ構成ファイルを新しい名前または新しい場所に保存するために使用します。
PRNCFGEDIT SAVEAS [ ファイル名 ]
注記: このキー入力コマンドは、ロードされたプリンタドライバ構成ファイルを.pltcfgファイルとして保存します。「プリンタドライバ構成」ダイアログボックスは開きません。
「ファイル」>「終了」 ダイアログボックスを閉じます。