MicroStation CONNECT Edition Help

「用紙サイズを編集」ダイアログボックス

プリンタドライバ構成ファイル(.pltcfg)内の用紙サイズを編集または追加するために使用します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • 「プリンタドライバ構成」ダイアログボックス:「用紙サイズ」タブで、「用紙サイズを定義」チェックボックスを選択して用紙サイズを選択し、「編集」ボタンをクリックします


設定説明
用紙サイズ名 用紙サイズの名前を定義するために使用します。
Windowsフォーム名 Windowsプリンタドライバがアプリケーション定義の用紙サイズをサポートしていない場合でも、そのドライバから返された用紙サイズのリストを標準化することができます。これを実現するために、各用紙サイズに、実際のWindowsドライバフォーム名にマップされるWindowsフォーム名を含めることができます。たとえば、シート定義でANSI AとANSI Bの用紙サイズ名を使用していて、WindowsプリンタドライバがLetterとTabloidを使用している場合は、プリンタドライバ構成ファイルの中でANSI AとANSI BのWindowsフォーム名をLetterとTabloidに設定して定義することができます。「印刷」ダイアログボックスにはANSI AとANSI Bが表示されますが、オペレーティングシステムとの対話ではLetterとTabloidが使用されます。
全体用紙サイズ 内側の余白を含むシート全体の物理サイズを指定するために使用します。現在選択されているWindowsプリンタでサポートされている用紙サイズのみが、「印刷」ダイアログボックスに表示されます。
左/下余白 用紙サイズの左と下の余白を設定するために使用します。
右/上余白 用紙サイズの右と上の余白を設定するために使用します。
単位 印刷サイズの単位を設定するために使用します。
  • ミリメートル
  • インチ
既定の印刷尺度 このチェックボックスがオンで既定の印刷尺度が指定されていれば、「印刷」ダイアログボックスでこの用紙サイズが選択されたときにこの尺度が使用されます。
線幅尺度 このチェックボックスがオンで1.0以外の線幅尺度が指定されている場合は、印刷時にすべての線幅がこの係数でスケールされます。
線種尺度 このチェックボックスがオンで1.0以外の線種尺度が指定されている場合は、印刷時にすべての線種パターンがこの係数でスケールされます。
自動回転 印刷する出力が自動的に回転する方向を指定するために使用します。
  • 反時計回り
  • 時計回り
  • 自動回転なし - 用紙サイズごとの自動印刷回転を無効にするために使用します。これは、大きな用紙サイズで作業する場合に有効です。
既定の用紙サイズ これがプリンタドライバ構成ファイルの既定の用紙サイズであることを示すために使用します。複数の用紙サイズに対してこのチェックボックスをオンにすることはできません。既定として複数の用紙サイズが選択されたり、用紙サイズが選択されなかった場合は、「用紙サイズ」タブ上のリストの最後の用紙サイズが使用されます。