MicroStation CONNECT Edition Help

「レイアウト - 詳細」ダイアログボックス

縦横比を固定しない拡大/縮小、鏡映、枠揃えを指定するために使用します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • 印刷オーガナイザ:印刷定義をダブルクリックして、「メイン」タブの「レイアウト」セクションから「続き」を選択します。
  • 印刷オーガナイザ:印刷定義を右クリックして「プロパティ」を選択し、「メイン」タブの「レイアウト」セクションから「続き」を選択します。
  • 印刷オーガナイザ:印刷定義を選択して、「編集」 > 「プロパティ」の順に選択し、「メイン」タブの「レイアウト」セクションから「続き」を選択します。


設定説明
異尺度 縦横比を固定しない拡大/縮小を有効または無効にします。オンの場合、「サイズ X」と「サイズ Y」のボックスが独立して動作し、「尺度を変更」フィールドが有効になります。オフの場合、「尺度を変更」フィールドが無効になり、「1」と「1」にリセットされます。
Xサイズ 印刷出力の寸法に対するX軸(幅)をプリンタ単位で設定します。「Xサイズ」と「Yサイズ」のボックスは独立して動作するので、印刷のアスペクト比を変更することができます。
Yサイズ 印刷出力の寸法に対するY軸(幅)をプリンタ単位で設定します。「Xサイズ」と「Yサイズ」のボックスは独立して動作するので、印刷のアスペクト比を変更することができます。
X尺度を変更 印刷出力の寸法に対するX軸または幅の縮尺度を設定します。
ヒント: 「異尺度」をオフにするには、縮尺度を両方とも「1」に設定します。
Y尺度を変更 印刷出力の寸法に対するY軸または幅の縮尺度を設定します。
ヒント: 「異尺度」をオフにするには、縮尺度を両方とも「1」に設定します。
鏡映 X軸とY軸を中心に印刷出力を鏡映できます。
  • なし - 印刷出力に鏡映は適用されません。
  • X軸を中心 - 印刷出力はX軸を中心に鏡映されます。
  • Y軸を中心 - 印刷出力はY軸を中心に鏡映されます。
  • 両軸を中心 - 印刷出力はX軸およびY軸を中心に鏡映されます。
枠の向き (現在「印刷範囲」が「枠」に設定されている場合のみ有効)
  • なし - プロットをX軸またはY軸に揃えません。
  • X軸 - プロットをプリンタのX軸に揃えます。
  • Y軸 - プロットをプリンタのY軸に揃えます。