MicroStation CONNECT Edition Help

「印刷」ダイアログボックスのアイコン

このセクションでは、「印刷」ダイアログボックスの上部にあるアイコンの機能について説明します。

設定説明
印刷


選択されたプリンタがWindowsプリンタである場合は、印刷出力がプリンタに送信されます。

選択されたプリンタがWindowsプリンタでない場合は、「印刷に名前を付けて保存」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、印刷ファイルの場所と名前を選択することができます。このファイルは、後で該当するプリンタにコピーできます。

「印刷」ダイアログボックスで「ファイル」 > 「ファイルに出力」の順に選択した場合と同じ操作を行うことができます。

プレビュー


サイズ変更が可能な「プレビュー」ウィンドウが開き、選択した印刷出力のプレビューが表示されます。

「印刷」ダイアログボックスで「ファイル」 > 「プレビュー」の順に選択した場合と同じ操作を行うことができます。

印刷範囲を最大化


選択されたビューまたは枠で囲まれた領域をできるだけ印刷可能な領域に自動的にフィットさせます。
印刷属性


「印刷属性」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、各種の印刷属性を設定します。

「印刷」ダイアログボックスで「設定値」 > 「印刷属性」の順に選択した場合と同じ操作を行うことができます。

ビューから更新


印刷設定値を、選択されたビューに表示されるモデルの設定値とシンクロナイズします。ビューのパラメータを調整した後で印刷パラメータを更新する場合に役に立ちます。画層のオン/オフを切り替えただけの場合など、出力をプレビューまたは印刷するときに変更内容を確認できます。
注記: 印刷構成ファイル(.ini)がロードされている場合に限り、「ビューから更新」をクリックする必要があります。この操作によって、.iniファイルの画層の表示方法が上書きされ、画層はビューに表示されているとおりに表示されます。
印刷スタイルを適用
「印刷 - 印刷スタイルを適用」ダイアログボックス が開きます。ここで印刷スタイルを印刷ジョブに適用します。印刷スタイルを使用すると、印刷オーガナイザと「印刷」ダイアログボックスの両方で使用できる既定の印刷定義プロパティ値を簡単かつ柔軟に定義することができます。「印刷」ダイアログボックスで「設定値」 > 「印刷スタイルを適用」の順に選択したとき、または「印刷スタイルを適用」アイコンをクリックしたときに開きます。