MicroStation CONNECT Edition Help

「選択事項」ダイアログボックスの「ポジションマッピング」カテゴリ

キーボードによるポジション移動を有効/無効にする、またはカスタマイズするときに使用するコントロールが含まれています。

注記: このカテゴリの表示を制御するには、構成変数MS_POSITIONMAPPING_CONFIGURATIONを使用します。


設定説明
ポジションマッピングを使用 オンの場合、キーボードによるポジション移動は有効になります。
ポジションマッピングの補助を表示 「ポジションマッピングを使用」チェックボックスがオンの場合にのみ使用可能)オンの場合(既定)、キーボードのキーラベルがツールアイコンに表示され、キーボードによるポジション移動でツールアイコン上を容易に移動できるようになります。また、リボングループヘッダーにも、各グループのポジションマッピングキーが表示されます。
属性および本図 「属性および本図」リボングループに割り当てるキーを設定します。既定では、「属性」グループには<A>キーが、「本図」グループには<S>キーが割り当てられています。
メイン メインタスクまたはグループのツールアイコンに割り当てるキーを設定します。既定のキーは、<1><2><3><4><5><6><7><8><9><0>です。
タスクおよびリボン 「タスクおよびリボン」グループに割り当てるキーを設定します。既定のキーは、<Q>、<W>、<E>、<R>、<T>、<D>、<F>、<G>、<Z>、<X>、<C>、<V>、<B>です。
ツール設定値 「ツール設定値」ウィンドウのコントロールにマッピングされるキーを設定します。既定のキーは、<Y><U><I><O><P><H><J><K><L><;><N><M><,><.>、および</>です。
メニューおよびポップアップ リボングループとツールボックスに対して生成されるメニューおよびポップアップのキーを設定します。
左利き キーを左利き用の既定のマッピングに設定します。
右利き キーを右利き用の既定のマッピングに設定します。