MicroStation CONNECT Edition Help

「選択事項」ダイアログボックスの「入力」カテゴリ

キー入力およびカーソルのドラッグ操作用の選択事項を設定するために使用するコントロールで構成されています。



設定説明
「文法解析:すべて」で起動 オンの場合(既定)、解析機能は、製品の起動時にオンになります(SET PARSEALL ON)。
ドラッグ操作不能 オンの場合には、ビュー内にポインタが置かれているときに、「データ」ボタンの解放操作が無視されます。「データ」ボタンを押すとカーソルの位置にデータ点が入力されますが、「データ」ボタンを解放しても2番目のデータ点は入力されません。既定はオフです。
ESCキーでコマンドを終了 オンの場合、<ESC>キーを押すと、選択したツールが無効になり、「ルックアンドフィール」カテゴリで選択した既定ツールが有効になります。既定はオフです。
指定点の許容差 要素を探索する対象となる、カーソルを取り巻く探索領域のサイズを設定します。既定は10ピクセルです。
SET LOCATE TOLERANCE
Enterを押したときにキー入力コマンド参照を表示 オンの場合、<Enter>キーを押したときにキー入力ウィンドウが表示されます。既定はオンです。
内部の位置を指定 要素の辺だけでなく、要素の内部のデータ点によって、閉じた要素、サーフェス要素、またはソリッド要素を指定できるようにします。
  • 使用しない - 要素の内部のデータ点による選択は許可されていません。
  • 表示(既定) - サーフェスがビューに表示されている場合は、要素の内部のデータ点によって要素を指定できます。
  • 常に使用 - 要素の内部のデータ点によって要素を常に指定できます。
カーソルサイズ カーソル十字線のサイズを設定します。「標準」または「ビュー全幅」に設定できます。既定は「標準」です。
SET CURSOR [ SMALL | FULL ]
カーソルタイプ カーソルの十字線の向きを制御します。
  • 直交 - 従来の"+"カーソル(既定)です。
  • アイソメ - カーソルの十字線が、アイソメの作図平面の向き(上、左、右、またはすべて)に合わせて配置されます。これは特に、「長方形:アイソメで配置」ツールと「円:アイソメで配置」ツールで役に立ちます。「アイソメ平面」は、「ロック」ダイアログボックスで設定します。
SET CURSOR [ ISOMETRIC | ORTHOGONAL ]
クリックの感度 クリックをドラッグ操作またはデータ点指定と解釈する強度を調整します。
  • 標準(既定)
  • 高速
  • 低速 - タブレットデバイスで使用する場合に最適です。タブレットデバイスでは、クリック操作がクリックアンドドラッグ操作と解釈され、そのために余分なデータ点が配置されることがあります。この設定値を使用すれば、この問題を解消できます。
  • ペン - ペン入力はドラッグ操作と解釈されることが多いため、ペン入力デバイスで使用する場合はこれが最適な選択です。
[リセット]ポップアップメニュー 「リセット」ポップアップメニューを表示する「リセット」ボタンの条件を設定します。
  • 長押し - 「押す時間の長さ」で指定した長さだけ「リセット」ボタンを押したままにすると、メニューが表示されます。「リセット」ボタンをクリックすると、リセットが入力されます。これが既定設定です。
  • クリック - 「リセット」ボタンをクリックすると、メニューが表示されます。
押す時間の長さ 「リセット」ポップアップメニューが表示されるまでに必要な、「リセット」ボタンを押し続ける時間の長さをチック(1/60秒)単位で設定します。既定は10チック(0.17秒)です。

「[リセット]ポップアップメニュー」選択事項を「クリック」に設定した場合、「押す時間の長さ」選択事項の内容はメニュー操作に影響しなくなるため、「押す時間の長さ」スライダコントロールは使用できなくなります。