MicroStation CONNECT Edition Help

「コンテンツを設定」ダイアログボックス

「散配置」ツールで使用されるさまざまなタイプのコンテンツを作成し保守するために使用されます。コンテンツとしては、セル、モデル、RPCが挙げられます。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • 「単一配置」ツール設定値ウィンドウ:「コンテンツを参照」アイコンをクリックします


設定説明
新規


「コンテンツセット」一覧に新しいエントリを作成します。
CIVVIS NEWSET
保存


コンテンツセットへの変更を保存します。
CIVVIS SAVESET
コピー


選択したコンテンツセットを、異なる名前を付けて一覧にコピーします。
CIVVIS COPYSET
削除


選択したコンテンツセットを削除します。
CIVVIS DELETESET
セットをクリア


コンテンツセット一覧への未保存の変更をリセットします。
CIVVIS RESETSET
ライブラリから更新


コンテンツセットがDGNLibのような他のファイルを元にしている場合で、一覧がアクティブファイル内の一覧と異なるとき、このアイコンをクリックすれば、アクティブファイル内の一覧をDGNLibファイル内の状態にリセットすることができます。
CIVVIS UPDATESET
アイテムを追加


「アイテムを追加」ダイアログボックスが開きます。このダイアログでは、DGN、CEL、DGNLib、またはその他のファイルから一連のモデルを選択して、配置するアイテムとして使用できます。<Ctrl>キーを使用すれば、複数のエントリを選択して「コンテンツを設定」ダイアログボックスに追加することができます。
CIVVIS ADDFILE
RPCを追加


「RPCファイルを追加」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスでRPCを追加することで、それらをアイテムとして配置できるようになります。
CIVVIS ADDRPC
コピー


選択したアイテムを一覧からコピーします。
CIVVIS COPYENTRY
削除


選択したアイテムを一覧から削除します。
CIVVIS DELETEENTRY
コンテンツセット コンテンツセットを表示します。
コンテンツ一覧ボックス アクティブなコンテンツセットのアイテムを一覧表示します。一覧ボックス内のアイテムは、「アイテムを追加」ダイアログボックスのアイテムと同じです。
「ファイル」>「新規」 「コンテンツセット」一覧に新しいコンテンツセットを作成します。
「ファイル」>「保存」 コンテンツセットへの変更を保存します。
「ファイル」>「コピー」 選択したコンテンツセットを、異なる名前を付けて一覧にコピーします。
「ファイル」>「名前を変更」 コンテンツセットの名前を変更できます。
CIVVIS RENAMESET
「ファイル」>「削除」 選択したコンテンツセットを削除します。
「ファイル」>「リセット」 コンテンツセットへの未保存の変更をリセットします。
「ファイル」>「すべてを保存」 すべてのコンテンツセットへの変更を保存します。
CIVVIS SAVEALL
「ファイル」>「インポート」 DGNLibからコンテンツセットをインポートします。
CIVVIS IMPORTSET
「ファイル」>「ライブラリから更新」 コンテンツセットがDGNLibのような他のファイルを元にしている場合で、一覧がアクティブファイル内の一覧と異なるとき、このメニュー項目を選択すれば、アクティブファイル内の一覧をDGNLibファイル内の状態にリセットすることができます。
「ファイル」>「終了」 「コンテンツを設定」ダイアログボックスを閉じます。
CIVVIS CLOSEDIALOG