MicroStation CONNECT Edition Help

多角形を配置

一連のデータ点を入力して多角形の頂点を定義し、多角形を配置するために使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「作図」 > 「ホーム」 > 「配置」 > 「多角形ツール」分割ボタン
  • リボン:「モデリング」 > 「ホーム」 > 「配置」 > 「多角形ツール」分割ボタン
  • ツールボックス:線要素


設定説明
長さ オンの場合には、セグメントの長さを作業単位で設定します。
(アクティブな)角度 オンの場合には、各辺の角度をアクティブな角度に拘束します。アクティブな角度を入力できます。
領域 アクティブな領域を「ソリッド」または「ホール」に設定します。
塗り潰しタイプ アクティブな「塗り潰しタイプ」を設定します。「なし」(塗り潰しなし)、「べた塗り」(アクティブな色での塗り潰し)、または「縁どり」(「塗り潰しの色」での塗り潰し)から選択します。
塗り潰しの色 多角形を塗り潰す色とオプションのグラデーションを設定します。
  • 「塗り潰しタイプ」が「べた塗り」の場合には、アクティブな色が適用されます。
  • 「塗り潰しタイプ」が「縁どり」の場合には、アクティブな色と異なった色に設定できます。
要素を閉じる 最初の点と最後の点を結び、多角形を閉じます。
キー入力: PLACE SHAPE CONSTRAINED
ヒント: 「線要素」ツールボックスの「スマートラインを配置」ツールを使用すると、特にアキュドローと同時に使用した場合、「多角形を配置」ツールよりも柔軟に多角形を配置できます。
注記: 3次元では、「多角形を配置」ツールを使用すると、多角形の頂点は同一平面上に配置されます。同一平面上にないデータ点を入力すると、多角形の頂点は、同一直線上にない最初の3個の頂点で定義される平面上に強制的に配置されます。