MicroStation CONNECT Edition Help

文字を沿って配置

線分(線要素、または連続線分、図形、複線のセグメント)に対して相対的に文字を配置するために使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「作図」 > 「注釈」 > 「文字」 > 「続き」分割ボタン
  • リボン:「作図」 > 「ホーム」 > 「配置」 > 「文字」分割ボタン
  • リボン:「モデリング」 > 「ホーム」 > 「配置」 > 「文字」分割ボタン
  • ツールボックス:テキスト


設定説明
要素より上
アクティブな行間隔と等しい距離のセグメントと同じ角度のアクティブな文字設定値の線分セグメントの上(線分要素、または連続線分、多角形、または複数の線分のセグメント)。
要素より下
アクティブな行間隔と等しい距離の線分セグメントと同じ角度のアクティブな文字設定値の線分セグメントの下(線分要素、または連続線分、図形、または複数線分のセグメント)。
要素上
線分、あるいは連続線分、多角形、B-スプライン曲線、または複線の線またはセグメント上に、アクティブな文字設定値で配置します。
要素に沿って
要素(曲線、B-スプライン曲線、円弧、楕円、線分、連続線分、または多角形)に沿って上または下に配置します。各文字は、図形グループの構成要素である単一の文字要素として配置します。文字は、アクティブな行間隔と等しい距離のアクティブな文字設定値に配置されます。
注釈尺度ロック
「注釈尺度ロック」を設定します。このロックがオンになっていると、モデルに配置された文字に注釈尺度が適用されます。

既定では、注釈尺度は、モデルの「注釈尺度」設定値から取得されます。この尺度は、「プロパティ」ダイアログボックスのモデルのプロパティでのみ変更できます。ただし、モデルの「注釈尺度を反映する」プロパティがオフになっている場合を除きます。この場合、注釈尺度は、プロパティによって要素ごとに個別に制御できます。

要素への相対的な関連性の作成を有効化
文字を関連付ける要素への相対的関連性を確立します。関連付けられた要素を移動すると、文字も自動的に移動します。
キー入力: PLACE TEXT [ ABOVE | ALONG | BELOW | ON ]