MicroStation CONNECT Edition Help

名前付き境界を配置

1つ以上の名前付き境界を配置し、必要に応じて保存ビューを作成してダイナミックビューを自動化するために使用します。

「名前付き境界を配置」ツールには次の場所からアクセスできます。
  • リボン:「作図」 > 「ビュー」 > 「名前付き境界」
  • リボン:「モデリング」 > 「ビュー」 > 「名前付き境界」
  • リボン:「ビジュアリゼーション」 > 「ビュー」 > 「名前付き境界」
  • 「名前付き境界」ダイアログボックス「名前付き境界を配置」アイコンを選択します
設定説明
名前付き境界による
図面境界から名前付き境界を配置することができます。
要素による


既存の要素から名前付き境界を配置することができます。
2点による


長方形を2つのデータ点で対話的に定義することで、名前付き境界を配置することができます。
多角形による


多角形の頂点をデータ点で対話的に定義することで、名前付き境界を配置することができます。多角形を閉じるには、始点でデータ点を入力するか、「閉じる」ボタンをクリックします。
長さによる


名前付き境界要素を作成することで、パスに沿って名前付き境界を配置することができます。
図面境界 「名前付き境界による」が選択されている場合にのみ使用可能)名前付き境界を配置するための図面境界を選択します。
NAMEDBOUNDARY SET ARRAY DRAWINGBOUNDARY
名前 名前付き境界の名前を入力します。
NAMEDBOUNDARY SET ARRAY NAME
説明 名前付き境界の簡単な説明を入力します。
NAMEDBOUNDARY SET ARRAY DESCRIPTION
詳細尺度 名前付き境界を配置する尺度を設定します。
1つの名前付き境界を配置
1つの名前付き境界を配置することができます。
名前付き境界の長方形配列を配置
名前付き境界の長方形配列を配置することができます。
名前付き境界の配列をパスに沿って配置
名前付き境界の配列をパスに沿って配置することができます。
グループ 名前付き境界グループを選択します。ドロップダウンから「新規」を選択して新しいグループを作成することもできます。
名前 新しいグループの名前を入力します。
説明 新しいグループの簡単な説明を入力します。
アクティブ角度 名前付き境界を配置する角度(度数)を設定します。
名前付き境界を配置する行の数を設定します。
NAMEDBOUNDARY SET ARRAY NUMBEROFROWS
名前付き境界を配置する列の数を設定します。
NAMEDBOUNDARY SET ARRAY NUMBEROFCOLS
行の重なり 行の重なりを設定します。正の値を指定すると行が重なり、負の値を指定すると行の間にスペースまたはギャップが設定されます。フィールドの横にある「距離を測定」ツールを使用すると、測定された距離が「行の重なり」フィールドに表示されます。
NAMEDBOUNDARY SET ARRAY ROWSPACING
列の重なり 列の重なりを設定します。正の値を指定すると列が重なり、負の値を指定すると列の間にスペースまたはギャップが設定されます。フィールドの横にある「距離を測定」ツールを使用すると、測定された距離が「列の重なり」フィールドに表示されます。
NAMEDBOUNDARY SET ARRAY COLSPACING
距離を測定


2点間の距離を測定します。アイコンをクリックし、始点と終点を定義して、2つの点の間の距離を測定します。距離が対応するフィールドに表示されます。
長さ 「長さによる」を選択した場合にのみ使用可能)名前付き境界要素の、パス要素に沿った長さを設定します。この設定により、以降の境界要素のパスに沿った位置も決定されます。フィールドの横にある「距離を測定」ツールを使用すると、測定された距離が「長さ」フィールドに表示されます。
左オフセット 「長さによる」を選択した場合にのみ使用可能)パスの左側からの距離を設定します。フィールドの横にある「距離を測定」ツールを使用すると、測定された距離が「左オフセット」フィールドに表示されます。
右オフセット 「長さによる」を選択した場合にのみ使用可能)パスの右側からの距離を設定します。フィールドの横にある「距離を測定」ツールを使用すると、測定された距離が「右オフセット」フィールドに表示されます。
内側(重なり) 「長さによる」を選択した場合にのみ使用可能)隣接する名前付き境界の合計の重なりを設定します。フィールドの横にある「距離を測定」ツールを使用すると、測定された距離が「重なり」フィールドに表示されます。
境界の弦 「長さによる」を選択した場合にのみ使用可能)名前付き境界の弦の数を設定します。弦の数が多くなるほど、曲線の名前付き境界のストロークが向上します。
図面を作成 オンの場合、名前付き境界の作成後に「図面を作成」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスは、ダイナミックビューを自動化するときに使用します。
キー入力: PLACE NAMEDBOUNDARY < BYTWOPOINTS | BYDRAWINGBOUNDARY | BYELEMENT | BYPOLYGON | BYLENGTH >