MicroStation CONNECT Edition Help

ラベルを配置

ラベルを配置するために使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「作図」 > 「注釈」 > 「注記」
設定説明
引き出し線を使用してラベルを配置


引き出し線を使用してラベルを配置します。
引き出し線を使用せずにラベルを配置


引き出し線を使用せずにラベルを配置します。
セル名 ドロップダウンリストからセルの名前を選択します。
セル名をフィルタ
セルに挿入されたプレースホルダフィールドタイプによってセルをフィルタすることができます。フィルタの使用の詳細については、トピック「「ラベルを配置」ツールでのセル名のフィルタリング」を参照してください。
寸法スタイル 引き出し線の寸法スタイルを選択します。

新規寸法スタイルを作成するには、「寸法スタイル」オプションメニューの横にある「参照」アイコンをクリックして、「寸法スタイル」ダイアログボックスを開きます。

寸法関連のツール設定値を既定の寸法スタイル設定値に復元するには、「スタイルをリセット」アイコンをクリックします。



ラベルの回転 引き出し線に対するラベルの回転を設定します。「水平」、「垂直」、または「インライン」を選択できます。
起点 端末記号とセルのどちらからラベルを開始するかを設定します。
水平アタッチ 引き出し線をアタッチする側を設定します。「オート」、「左」、または「右」を選択できます。
注釈尺度


注釈尺度をオンにします。このロックがオンになっている場合は、注釈尺度が断面吹き出しに適用されます。

既定では、注釈尺度は、モデルの「注釈尺度」設定値から取得されます。この尺度は、「プロパティ」ダイアログボックスのモデルのプロパティでのみ変更できます。ただし、モデルの「注釈尺度を反映する」プロパティがオフになっている場合を除きます。この場合、注釈尺度は、プロパティによって要素ごとに個別に制御できます。

通常の関連性でラベルを配置


要素への通常の関連性を設定します。この設定をオンにし、「相対的関連性でラベルを配置」をオフにしてラベルを配置すると、ラベルは通常の関連性で配置されます。その場合、要素を移動してもラベルは同じ場所に留まり、引き出し線のみが要素とともに移動します。
相対的関連性でラベルを配置


(「関連性でラベルを配置」が有効になっている場合にのみ有効)要素との相対的な関連性を設定します。要素との相対関連性を維持してラベルを配置した場合、ラベルは元のスナップ点を基準にした同じ位置を維持します。つまり、要素を移動すると、ラベルも一緒に移動します。
キー入力: PLACE LABEL