MicroStation CONNECT Edition Help

ホール

ソリッド内に単純なホール、座ぐり、または皿穴を作成します。

このツールには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「モデリング」 > 「ソリッド」 > 「フィーチャ」
  • リボン:「モデリング」 > 「ホーム」 > 「修正」 > 「フィーチャ」
  • ツールボックス:ソリッドフィーチャ
設定説明
ホールのタイプ 作成するホールのタイプを設定します。
  • ノーマル - 座ぐりまたは皿穴がつかない"単純な"ホールです。


    単純なホール。Di = ホールの直径。De = ホールの奥行き。この図ではドラフト角度は0度です。

  • 座ぐり - 面に隣接するホールの一部がホールより大きな直径で開けられます。これにより、ボルトまたはネジの頭がソリッドの面と同一平面になるか、それより下に埋まります。


    座ぐり。CoDe = 座ぐりの奥行き。CoDi = 座ぐりの直径。= ドリル角度。

  • 皿穴 - 面に隣接するホールの一部が面取りされ、これによりボルトまたはネジの頭がソリッドの面と同一平面になるか、それより下に埋まります。


    皿穴。CoDi = 皿穴の直径。= 皿穴の角度。

ドリル フィーチャベースソリッドを貫通するホールを開けるかどうかを指定します。
  • すべて - ホールはソリッドのすべての面を貫通します。
  • 止める - ホールは、指定した奥行きに達するまでソリッドを通過します。ホールは、必要な奥行きに達するまで任意の数の面を通過できます。
  • 次の面 - ホールは、指定した次の面に達するまでソリッドを通過します。
方向 ホールの方向を設定します。
  • 面法線 - ホールは、選択した面に対して垂直になります。
  • デザインX - アクティブなDGNファイルのX軸
  • デザインY - アクティブなDGNファイルのY軸
  • デザインZ - アクティブなDGNファイルのZ軸
  • ビューX - アクティブなビューのX軸
  • ビューY - アクティブなビューのY軸
  • ビューZ - アクティブなビューのZ軸
  • アキュドロー/補助座標X - アクティブな補助座標系のX軸。ACSが存在しない場合は無効になります。
  • アキュドロー/補助座標Y - アクティブな補助座標系のY軸。ACSが存在しない場合は無効になります。
  • アキュドロー/補助座標Z - アクティブな補助座標系のZ軸。ACSが存在しない場合は無効になります。
直径 ホールの直径を設定します。
奥行き (「ドリル」>「止める」のみ)ホールの奥行きを設定します。
ドラフト角度 垂直に対して相対的なホールの側面の角度を設定します。値が0の場合、ホールの側面は指定した面に対して直角になります。
座ぐりの終点 (「ドリル」>「次の面」または「すべて」のみ)ホールのどちらの端に座ぐりを付けるかを定義します。
  • 最初の面 - 選択した面の端に座ぐりを付けます。
  • 最後の面 - 選択面の反対側の面の端に座ぐりを付けます。
  • 両方 - ホールの両方の端に座ぐりを付けます。
座ぐりの直径 座ぐり穴の直径を設定します。
座ぐりの奥行き 座ぐりの奥行きを設定します。
皿穴の終点 (「ドリル」>「次の面」または「すべて」のみ)ホールのどちらの端に皿穴を付けるかを設定します。
  • 最初の面 - 選択した面の端に皿穴を付けます。
  • 最後の面 - 選択面の反対側の面の端に皿穴を付けます。
  • 両方 - ホールの両方の端に皿穴を付けます。
皿穴の直径 皿穴の直径を設定します。
皿穴の角度 皿穴の内側の角度を設定します。
変数リンク
「変数」ダイアログボックスで定義した既存の変数を使用して入力値を設定することができます。
注記: 変数が存在しない場合は、最初に変数を作成するよう警告されます。
キー入力: XFEATURE HOLE