MicroStation CONNECT Edition Help

枠を配置

枠を配置するために使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「作図」 > 「ホーム」 > 「選択」 > 「枠ツール」分割ボタン
  • リボン:「モデリング」 > 「ホーム」 > 「選択」 > 「枠ツール」分割ボタン
  • リボン:「ビジュアリゼーション」 > 「ホーム」 > 「選択」 > 「枠ツール」分割ボタン
  • リボン:「管理」 > 「ホーム」 > 「選択」 > 「枠ツール」分割ボタン
  • ツールボックス:


設定説明
枠タイプ 「枠タイプ」の設定に応じて、次のように設定します。
  • 長方形、多角形、円 - 図形を配置するために使用する枠の幾何的特性を設定します。
  • 要素 - 要素を選択することによって枠を作成できます。枠を使用できる要素には、閉じた平面要素(多角形、円、楕円、複合図形、グループ化されたホール)、ソリッド(球やフィーチャソリッド以外)、閉じた突き出し、円柱などがあります。平面要素が3次元ファイルで使用されている場合は、平面領域をモデル全体に掃引することによって、領域が適用されます。
  • ビューより - 選択したビューの内容を含むように枠を設定します。
  • ファイルより - DGNファイルの内容を含むように枠を設定します。オプションメニューを使用して、次の中から選択できます。
    • アクティブ - 選択したビューにあるアクティブなモデル内の要素
    • すべて - 選択したビューにあるアクティブなモデルおよび参照内の要素
    • 選択 - 選択した参照(またはアクティブなモデル)の要素(必要なモデル/参照から要素を選択)
  • 1点で指定より - 要素の集合で囲まれた(最小)領域を含む枠を設定します。
枠のモード 枠の配置に関連して、操作する枠内要素を定義する枠選択モードを設定します。
展開する


ツール設定値を展開し、名前付き枠のツールを表示します。
名前付き枠のツール 展開矢印をクリックして、ツール設定値を展開し、名前付き枠のツールを表示します。
  • アクティブな名前付き枠 - 名前付き枠(リストボックスで選択した枠)をアクティブにします。
  • アクティブな枠から名前付き境界を作成 - 選択した枠から名前付き境界を作成します。
  • 名前付き境界 - 名前付き境界」ダイアログボックスが開きます。
  • リストボックス - このリストボックスには次の列があります。
    • 名前 - 名前付き境界の名前を一覧表示します。
    • 説明 - 名前付き境界の説明を入力することができます。
    • 表示 - 名前付き境界の表示のオンとオフを切り替えることができます。
キー入力: PLACE FENCE [ BLOCK | SHAPE | CIRCLE | FROMSHAPE | ELEMENT | VIEW | DESIGN | UNIVERSE | ACTIVE | ALLFILES ]
注記: 「枠を配置」を選択すると、「アキュドロー」がまだ無効でない場合は、自動的に無効になります。「アキュドロー」ツールをアクティブにして「枠を配置」ツールで使用できるようにするには、「アキュドローをオン/オフ」ツールを選択します(「作図」 > 「作図補助」 > 「アキュドロー」)。
ヒント: 枠を配置してから別のツールを選択するまでの間に、枠の配置が正しくないことが判明した場合は、単純にリセットして再配置します。