MicroStation CONNECT Edition Help

線分端末記号を配置

線分、連続線分、弧または複合連結に線分端末記号セルを配置するために使用します。主に矢印を配置するために使用します。線分端末記号では、配置される要素との関連付けが維持されます。そのため、要素を移動または回転すると、線分端末記号はその要素とともに移動または回転します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「作図」 > 「ホーム」 > 「配置」 > 「セル」分割ボタン
  • リボン:「作図」 > 「注釈」 > 「セル」 > 「続き」分割ボタン
  • ツールボックス:セル


ツール設定 結果 代替キー入力コマンド
端末記号 線分端末記号を設定します。線分端末記号は、「セルライブラリ」ダイアログボックスで設定することもできます。 ACTIVE TERMINATOR <端末記号>

または

LT= <端末記号>

セルを参照 異なるアクティブなセルを線分端末記号として選択するための「セルライブラリ」ダイアログボックスを開きます。  
尺度 「線分端末記号を配置」の尺度を設定します。 ACTIVE TSCALE <尺度>

または

TS= <尺度>

キー入力: PLACE TERMINATOR
ヒント: 矢印とともにDGNファイルに文字(注記)を配置するには、「文字」ツールボックスの「注記を配置」ツールを使用するのが最も簡単な方法です。