MicroStation CONNECT Edition Help

線パターン

既存の線要素に沿ったパターンを作図または"タイル化"するために使用します。つまり、パターンセルを繰り返すことで線要素を置き換えます。要素に線パターンを適用した後は、「ビュー属性」ダイアログボックス 「作図」 > 「ビュー」 > 「表示方法」 > 「ビュー属性」)の「パターン」をオフにして、オリジナルの線要素を表示することができます。

このツールには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「作図」 > 「注釈」 > 「パターン」
  • ツールボックス:パターニング


下の表中の図に使用されるパターンセル(上)と要素(下)



設定説明
反復方法 アクティブな「パターンセル」の配置方法を設定します。
  • 切り落とし - アクティブなパターン尺度に従って各事例を調整し、要素に沿って配置します。最後の事例は必要に応じて切り落とされます。


  • すべて - 要素に沿って事例を配置します。必要に応じて、各事例が完全に収まるようにアクティブなパターン尺度が調整されます。


  • 1つのみ - 各セグメントに事例を1つ配置します。セグメントの長さが反復パターンセルの長さの80%以下の場合には、セグメントはパターンセルの最初の水平線でパターニングされます。


  • 各線分に整数個 - 要素に沿って各事例を配置します。必要に応じて、各セグメントにすべての事例が完全に収まるようにアクティブなパターン尺度が調整されます。セグメントの長さが反復パターンセルの長さの80%以下の場合には、セグメントはパターンセルの最初の水平線でパターニングされます。


パターン パターンを作成するのにタイル化されるセルです。「セルライブラリ」ダイアログボックス(「作図」 > 「注釈」 > 「セル」ダイアログボックス起動ツール)の「アクティブなパターンセルを設定」アイコンでも設定できます。
参照 別のアクティブなセルを配置するために、「セルライブラリ」ダイアログボックスを開きます。
尺度 アクティブなパターンセルはこの尺度で拡大縮小されます。0~1(たとえば、0.25)の場合には、縮小されます。1の場合には、サイズはセル定義と変わりません。1より大きい場合には、拡大されます。
「注釈尺度ロック」アイコン


「注釈尺度ロック」を設定します。このロックがオンになっている場合は、注釈尺度がパターンに適用されます。

既定では、注釈尺度は、モデルの「注釈尺度」設定値から取得されます。この尺度は、「プロパティ」ダイアログボックスのモデルのプロパティでのみ変更できます。ただし、モデルの「注釈尺度を反映する」プロパティがオフになっている場合を除きます。この場合、注釈尺度は、プロパティによって要素ごとに個別に制御できます。

実尺度 オンの場合、アクティブなパターンの尺度が、アクティブなモデルの単位に合わせて調整されます。尺度調整が行われるのは、セルが共有されていて、セルを作成したモデルの単位がアクティブなモデルの単位と異なる場合のみです。
キー入力: PATTERN LINE [ SINGLE | MULTIPLE | ELEMENT | SCALE ]
ヒント: 線パターン機能は、既存のアプリケーションや線パターンを含むデザインを所有するユーザーとの互換性を保つためにサポートされています。通常は、カスタム線種を定義して線要素を配置するツールを使用する方がはるかに効率的です。新規にデザインする場合には、この方法をお勧めします。