MicroStation CONNECT Edition Help

クロスハッチ: 要素内

領域をクロスハッチするのに使用します。クロスハッチする領域を定義するための要素は、アクティブなモデル内の要素か、または参照ファイル内の要素です。関連性パターンを使用している場合は、クロスハッチされた領域を定義する要素に修正を加えると、クロスハッチに対してそれと等価な更新が行われます。

このツールには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「作図」 > 「注釈」 > 「パターン」
  • ツールボックス:パターニング

ツール設定値と手順は「ハッチング:要素内」ツールと同じですが、ハッチング線の「間隔」と「角度」に加えて、クロスハッチ線の「間隔」と「角度」を指定する追加フィールドがあります。ツール設定値のアイコンを使用して、クロスハッチする領域を定義する方法を選択することができます。



「クロスハッチ:要素内」。「A1」と「A2」は「アクティブなパターン」の「角度」を表します。「S1」と「S2」は「アクティブなパターン」の「間隔」を表します。



設定説明
「要素」アイコン


多角形の内部、楕円の内部、閉じたB-スプライン曲線の内部、または複線の構成要素の間。
「1点で指定」アイコン


要素の集合で囲まれた最小領域(ペイントソフトでよく見られる1点で指定して塗り潰しツールのようなもの)です。「方法」を「1点で指定」に設定すると、ツール設定値ウィンドウの右下に「拡張情報を表示」アイコンが表示されます。このアイコンをクリックすると、ツール設定値ウィンドウが拡張され、追加のコントロールが表示されます。
「領域の和」アイコン


複数の閉じた平面要素の和を境界線とする領域です。

複数の要素を操作する場合は、<Ctrl>キーを押しながらデータ点を入力して、追加の要素を選択します。

「領域の積」アイコン


複数の閉じた平面要素の積を境界線とする領域です。

複数の要素を操作する場合は、<Ctrl>キーを押しながらデータ点を入力して、追加の要素を選択します。

「領域の差」アイコン


複数の閉じた平面要素の差を境界線とする領域です。

複数の要素を操作する場合は、<Ctrl>キーを押しながらデータ点を入力して、追加の要素を選択します。

「点」アイコン


連続したデータ点で定義された領域で、各データ点が頂点を定義します。
「枠」アイコン


枠の内側の領域。
間隔 クロスハッチの行と列の間の間隔を設定します。
「注釈尺度ロック」アイコン


「注釈尺度ロック」を設定します。このロックがオンになっている場合は、注釈尺度がクロスハッチに適用されます。

既定では、注釈尺度は、モデルの「注釈尺度」設定値から取得されます。この尺度は、「プロパティ」ダイアログボックスのモデルのプロパティでのみ変更できます。ただし、モデルの「注釈尺度を反映する」プロパティがオフになっている場合を除きます。この場合、注釈尺度は、プロパティによって要素ごとに個別に制御できます。

角度 クロスハッチの事例を配置する角度です。既定では、使用するビューに相対的な角度になります。ただし、アキュドローがアクティブになっている場合には、アキュドローのデザイン平面に相対的な角度になります。
パターンを解除 オンの場合、クロスハッチはクロスハッチされたジオメトリと関連性を持ちません。静的なパターンクラス要素が作成され、図形グループにまとめられます。クロスハッチされた要素を変更しても、クロスハッチは変更されません。既定はオフです。
関連境界線 (「パターンを解除」がオフの場合にのみ使用可能)オンの場合、クロスハッチされた要素に関連付けられている独立した"関連領域"要素が作成されます。「パターンを解除」のステータスと関連境界線の設定値に応じて、次のように出力されます。
パターンを解除 関連境界線 結果
オン (N/A) 同じ図形グループに含まれる静的なパターンクラス要素が作成されます。
オフ オフ 表示可能な属性が、閉じた要素に追加されます(塗り潰しに似ています)。要素以外の方法により、閉じた要素が新しく作成されます。
オフ オン 独自の画層を持つことができる独立した関連領域要素が作成され、オリジナルの境界要素への変更に対応します。
スナップ可能 オンの場合、クロスハッチにスナップが可能です。オフの場合、クロスハッチは他の要素へのスナップを妨げません。
「内部の多角形を無視」アイコン


(「1点で指定」アイコンが選択されている場合のみ)選択した場合、領域境界線の計算時に内部の多角形が無視されます。
「内部の多角形を指定」アイコン


(「1点で指定」アイコンが選択されている場合のみ)オンの場合、選択した領域内のすべての閉じた要素は(「領域」属性にかかわらず)その領域をクロスハッチする際に回避されます。
「代替する内部の多角形を指定」アイコン


(「1点で指定」アイコンが選択されている場合のみ)選択した場合、多角形が互いにネストしている代替領域がクロスハッチされます。
「内部の文字を指定」アイコン


(「1点で指定」アイコンが選択されている場合のみ)オンの場合、選択した領域内のすべての文字や寸法、または選択した領域と重なる文字や寸法が、その領域をクロスハッチする際に回避されます。
「動的に領域を指定」アイコン


(「1点で指定」が選択されている場合のみ)オンの場合、カーソルを図形上に移動するのに応じて、クロスハッチされる領域が動的に表示されます。
最大ギャップ (「1点で指定」アイコンが選択されている場合のみ)囲んでいる要素の端点間の最大距離を作業単位で表したものです。
文字余白 (「1点で指定」アイコンが選択されている場合のみ)クロスハッチする領域内のハッチング線と文字要素の間の余白のサイズを設定します。
ホールを検索 関連性のないパターンを作成するときに、ホール要素を無視することや、クロスハッチされる要素と同じ画層またはビューに表示されたすべての画層にあるホール要素を検索することができます。
  • いいえ - ホール要素を無視します。
  • 画層設定 - クロスハッチする要素と同じ画層上のホール要素を検索します。
  • 画層 - ビューに表示されているすべての画層上のホール要素を検索します。
線属性設定を使用 オンの場合、パターニングされる要素のアクティブな色、線幅、線種を使用してクロスハッチが作成されます。
塗り潰しタイプ (「方法」が「点」に設定されている場合のみ)点で定義された閉じた図形のアクティブな塗り潰しタイプを設定します。「なし」(塗り潰しなし)、「べた塗り」(アクティブな色での塗り潰し)、または「縁どり」から選択します。
塗り潰しの色 (「方法」が「点」に設定されている場合のみ)要素の塗り潰しに使用する色とオプションのグラデーションを設定します。
  • 「塗り潰しタイプ」が「べた塗り」の場合、その要素は「アクティブな色」により塗り潰されます。この色は要素の縁どりと同じ色です。
  • 「塗り潰しタイプ」が「縁どり」の場合、その要素は「アクティブな色」と異なった色で塗り潰すことができます。
キー入力: CROSSHATCH ICON
キー入力: CROSSHATCH < DIFFERENCE | ELEMENT | FENCE | FLOOD | INTERSECTION | POINTS | UNION >
注記: 2番目の角度をゼロに設定した場合、「クロスハッチ: 要素内」では2番目の要素を最初の角度に対して90°の位置に配置します。
注記: クロスハッチするには、要素の「領域」属性が「ソリッド」でなくてはなりません。要素の「領域」属性は、「属性の変更」ツールボックスの「要素をアクティブ領域属性に変更」ツールを使用して変更します。