MicroStation CONNECT Edition Help

縦座標寸法記入

縦軸(距離を測定する際の直線)上の基準点(データム)から特定軸上の複数個の距離のラベルを付けるために使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「作図」 > 「注釈」 > 「寸法記入」
  • ツールボックス:寸法


「縦座標寸法記入」設定値ウィンドウ



拡張された「縦座標寸法記入」設定値ウィンドウ

設定説明
線種 アクティブな寸法スタイルを設定します。

ツール設定値を既定から変更すると、その設定値は青色でハイライト表示され、スタイル名の横にアスタリスクが表示されます。

参照(アイコン)


「寸法スタイル」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、寸法の設定値を制御します。
スタイルをリセット


ツール設定値を、「寸法スタイル」ダイアログボックスにおけるこのスタイルの既定の設定に復元します。
向き 寸法の表示を揃える軸を決定します。
位置 寸法文字の場所を制御します。
  • 自動 - 寸法文字は、「配置基準」設定値(「寸法スタイル」ダイアログボックスの「文字」タブ)に従って自動的に配置されます。
  • 半自動 - 文字が補助線の間にフィットする場合には、寸法文字は「配置基準」設定値に従って自動的に配置されます。文字がフィットしない場合、プロンプトに応答してその文字を配置します。
  • 手動 - プロンプト画面の指示に従って寸法文字を配置します。
DIMENSION PLACEMENT [ AUTO | MANUAL | SEMIAUTO ]
データム値 軸上の距離のラベルを付けるときの基準点の基準値を設定します。
スタックしない縦座標


このアイコンをクリックすると、ツールのモードが「スタックしない縦座標」に設定されます。このモードは、縦軸(距離を測定する際の直線)上の基準点(データム)から特定軸上の複数個の距離のラベルを付けるために使用します。
スタックした縦座標


このアイコンをクリックすると、ツールのモードが「スタックした縦座標」に設定されます。このモードは、縦軸(距離を測定する際の直線)上の基準点(データム)から特定軸上の複数個の距離のラベルを付けるために使用します。寸法は並列に記入されます。

このモードを効率的に使用するには、「並列寸法」設定値(「寸法スタイル」ダイアログボックスで「詳細設定」タブ>「ツール固有」>「縦座標寸法」の順に選択)をオンにする必要があります。

縦座標の自由配置


このアイコンをクリックすると、ツールのモードが「縦座標の自由配置」に設定されます。このモードは、縦軸(距離を測定する際の直線)上の基準点(データム)から特定軸上の複数個の距離のラベルを付けるために使用します。「位置指定」が「手動」に設定されている場合は、寸法を配置する際の柔軟性が非常に高くなります。

このモードを効率的に使用するには、「並列寸法」設定値(「寸法スタイル」ダイアログボックスで「詳細設定」タブ>「ツール固有」>「縦座標寸法」の順に選択)をオンにする必要があります。

「注釈尺度ロック」アイコン


「注釈尺度ロック」を設定します。このロックがオンになっている場合は、注釈尺度が配置される縦座標寸法に適用されます。

既定では、注釈尺度は、モデルの「注釈尺度」設定値から取得されます。この尺度は、「プロパティ」ダイアログボックスのモデルのプロパティでのみ変更できます。ただし、モデルの「注釈尺度を反映する」プロパティがオフになっている場合を除きます。この場合、注釈尺度は、プロパティによって要素ごとに個別に制御できます。

逆方向に減分 オンの場合、縦軸の方向と反対の値が減分されます(負の数値を含む)。
文字フレーム 寸法文字を枠で囲む方法を制御します。
  • 箱形 - 寸法がボックスに配置されます。参照寸法を表すときによく使用します。
  • カプセル形 - 寸法がカプセルに配置されます。通常、品質管理用の寸法の指定に使用します。
DIMENSION TEXT BOX [ OFF | ON | TOGGLE ]
DIMENSION TEXT CAPSULE [ OFF | ON | TOGGLE ]
前記号テキスト 寸法文字の前に配置するオプションの記号を設定します。
DIMENSION PRE [ OFF | DIAMETER | RADIUS | SQUARE ]
後記号テキスト 寸法文字の後に配置するオプションの記号を設定します。
DIMENSION POST [ OFF | DIAMETER | RADIUS | SQUARE ]
関連付け
  • オンの場合、寸法を記入する要素にスナップすると、関連点が作成されます。
  • オフの場合は、関連性は作成されません。
キー入力: DIMENSION ORDINATE
注記: 上位の縦座標寸法文字が下位の縦座標寸法文字に重ならないようにするには、「寸法スタイル」ダイアログボックスで「並列寸法」(「詳細設定」タブ>「ツール固有」>「縦座標寸法」)をオンにして、モードを「スタックした縦座標」または「縦座標の自由配置」に設定します。必要に応じて寸法線の方向が変わります。
縦座標値間の最小垂直間隔は、「寸法スタイル」ダイアログボックスの「余白をセット」設定値(「幾何」タブの「許容差」カテゴリ)によって決定されます。

寸法線の突き出した部分から伸びる引き出し線の長さは、「寸法スタイル」ダイアログボックスの「最小余白」設定値(「幾何」タブの「オプションをフィット」カテゴリ)によって決定されます。



寸法線の方向が変わった状態の縦座標寸法

注記: 寸法線の方向が変わった状態の縦座標寸法は、以前のバージョンの MicroStationでは表示できません。