MicroStation CONNECT Edition Help

「リモートファイルを選択」ダイアログボックス

リモートDGNファイルが存在するURLを選択して、DGNファイルのローカルコピーをダウンロードするために使用します。ダウンロードしたDGNファイルを、URLに送り返したり、元のDGNファイルと統合したりすることはできません。

このダイアログボックスは、リモートDGNファイルにURLをアタッチするときに開きます。



注記: URLは、リモートセルライブラリリモート参照、またはリモートラスター画像リモートラスター画像にアタッチすることもできます。URLを指定するためのダイアログボックスは、アタッチするファイルの種類に関係なく、同一の外観です。
設定説明
URL リモートDGNファイルが存在するURLおよびDGNファイルの名前を入力します。以前にURLを入力したことがある場合は、「URL」テキストボックスの右の矢印をクリックして、一覧からURLを選択することができます。
キャッシュポリシー ファイルをインターネットからダウンロードするか、以前にダウンロードしたローカルコピーを使用するかを選択します。
  • 自動処理キャッシュ - 指定したURLのファイルがローカルのバージョンより新しい場合にのみ、ファイルがダウンロードされます。
  • Webからの再ロードを強制 - ファイルは常にインターネットからダウンロードされます。
  • ローカルコピーのみ使用 - ファイルのローカルコピーが使用され、インターネットへの要求は送られません。
ローカル保管のタイプ ダウンロードしたファイルを保管する方法を選択できます。
  • 永久 - ファイルは削除されません。
  • 許容サイズ以上 - ファイルはサイズが削除条件を満たす場合にのみ削除されます。現在、リモートファイルのローカルコピーの許容合計サイズは25MBです。
  • 一時的 - ファイルは現在のセッションの終了時に削除されます。
読み取り専用で格納 ダウンロードしたファイルを読み取り専用として格納します。これはリモートファイルを変更しないこと、およびローカルコピーでの修正により作業が混乱する可能性があることを知らせる場合に便利です。
?fmt=raw(MSP用)を追加 ダウンロードで使用するために送信されるすべてのファイル名の最後に文字列「?fmt=raw」を追加します。これは、選択したサイトがProjectWise Publishing Serverを使用している場合に必要です。このようなサイトは生のDGNファイルではなくJPEG画像を送信する初期設定をしているからです。
注記: Web管理者がProjectWise Publishing Serverでこの機能をオンにした場合のみ、?fmt=raw文字列は機能します。
ローカルコピーを指定 ファイルを既定の場所以外の場所にダウンロードする場合に、場所を指定できます。URLからダウンロードしたファイルは、MS_WEBFILES_DIR構成変数で指定されたディレクトリに格納されます。
「ブックマーク」>「ブックマークを追加」 「ブックマークを追加」ダイアログボックスが開き、現在のブックマーク一覧に追加するURLとタイトルを作成することができます。作成後、ブックマークを選択すると、関連付けられたURLが「URL」テキストボックスに入力されます。
注記: エンジニアリングリンクブラウザが開いている場合は、そのブラウザに表示されている現在のURLが「リモートファイルを選択」ダイアログボックスの「URL」テキストボックスに表示されます。
「ブックマーク」>「ブックマークを編集」 既存のブックマークを編集するための「ブックマークを編集」ダイアログボックスが開きます。
「オプション」>「履歴をクリア」 以前にURLにアクセスしたことがある場合は、このオプションを選択すると、URLがリストボックスから削除されます。「URL」テキストボックスの右の矢印をクリックしたときに、一覧が空になっています。