MicroStation CONNECT Edition Help

「OpenNurbsファイル設定値」ダイアログボックス

Rhino 3DMファイルを開くか、インポートするために使用します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • ダイアログを開く:3DMファイルを選択し、「オプション」ボタンをクリックします


設定説明
幾何形状を単純化 オンにすると、変換で出力幾何の単純化が試行されます。たとえば、直線的なB-スプラインは直線に変換されます。円柱を形成している図形は円柱に変換されます。
無効なRhinoオブジェクトを変換 オンの場合、Rhinoボディまたはサーフェスはスマートソリッドまたはスマートサーフェスに変換されます。ボディの変換に失敗した場合は、個々の面がスマートサーフェスB-スプライン曲面に変換されます。同じソリッドの面から生成されたすべてのサーフェスは、1つのセルにグループ化されます。個々の面を変換できなかった場合は、Rhinoに含まれるモデルの修正を求めるエラーメッセージが表示されます。
XMLログファイルを生成 オンの場合、変換に関する情報を含むXMLログファイルが生成されます。
Rhinoファイルへの出力に失敗した変換 オンの場合、変換できなかった要素は個別のRhinoファイルに出力されます。