MicroStation CONNECT Edition Help

曲面を再作成

(3次元のみ)B-スプライン曲面を再作成するために使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「モデリング」 > 「サーフェス」 > 「サーフェスユーティリティ」
  • ツールボックス:B-スプライン曲面曲線を修正


設定説明
タイプ 曲面を再作成する方法を設定します。
  • データを削減 - 許容差を設定して曲面から不必要な制御点を削除します。
  • 許容差で再作成 - 曲面から一式の点をサンプリングして曲面上の尖端を削除し、曲面を再作成します。
  • 制御点数で再作成 - 「許容差で再作成」に似ていますが、一定数の制御点を入力として取ります。
  • UVを入れ替え - U方向とV方向が逆になるように入れ替えます。
  • Uを反転 - U方向を反転します。
  • Vを反転 - V方向を反転します。
  • 均一のノットを作成 - たとえば曲面の片側のように曲面の全ノットが特定の領域に集中している場合、0.5ノットが曲面の中心付近とならない場合があります。このオプションは、0.5ノットが曲面の中心にできる限り近くなるように曲面を再作成します。
オリジナルを保存 オンの場合は、元の面は新しい面を作成しても削除されず残ります。
許容差 (「タイプ」が「データを減らす」または「許容差で再作成」に設定されている場合のみ)修正後の曲面と元の曲面との間の最大距離を設定します。複雑性を和らげ、かつ新しい面を元の面と同じように表示できるように、さまざまな「許容差」の値で実験します。
U方向の制御点数 「タイプ」が「制御点数で再作成」に設定されている場合に、U方向の制御点数を設定します。
V方向の制御点数 「タイプ」が「制御点数で再作成」に設定されている場合に、V方向の制御点数を設定します。
キー入力: REBUILD FACE [ MAKEUNIFORMKNOTS | REDUCEDATA | REVERSEU | REVERSEV | SWAPUV | WITHNUMPOLES | WITHTOL ]
ヒント: B-スプライン曲面の制御点の数を確認するには、B-スプライン曲面を選択し、「プロパティ」ダイアログボックスを開きます。